資料写真

写真拡大

(嘉義 24日 中央社)嘉義市政府は24日、3月1日から戸籍を管理する戸政事務所で同性カップルの関係を認めるパートナー登録の受け付けを始めると明らかにした。

ト醒哲・嘉義市長は、民法などの法律改正前でも自治体として同性パートナーの地位向上に力添えをしたいと強調。緊急時には手術同意書などへの署名が可能になると語った。(ト=さんずいに余)

また、性別の多様性を尊重し、同性パートナーの権利を保障することは市の目標であるとした上で、同登録制度導入はその第一歩だとしている。

同登録制度は台北、新北、台中、台南、高雄各市でも導入されている。

(黄国芳/編集:齊藤啓介)