24日、中国の湖北省孝感市大悟県宣化店村の中学校でこのほど、政府の補助金を振り分けなかったとして校長が懲戒免職となった。資料写真。

写真拡大

2016年2月24日、中国では貧困家庭の学生向けに金銭的な援助が行われることがあるが、学生を助けるはずのお金を悪用するケースもたびたび伝えられている。先月、安徽省の小学校が援助先の接待費用を貧困家庭に負担させ関係者が懲戒免職処分を受けたばかりだが、湖北省孝感市大悟県宣化店村の中学校では政府の補助金を振り分けなかったとして校長が懲戒免職となった。

北京晨報によると、問題が発生したのは先月15日。同中学校の校長は、県政府が183人の寄宿生の補助金として支給した22万元(約380万円)余りを学生に振り分けることなく手元に残した。同日行われた受け渡し式典では、学生らに札束を持たせ笑顔で記念撮影を行った後、お金を学生から取り上げた。

県政府の調査によると、補助金を受け取った後、学校側は校長の同意のもと学生の給食費に充てるため資金を手元に残し、貧困家庭の学生に補助金を渡した記録を作るために写真を撮り虚偽の書類を作成した。さらに、学校が昨年秋ごろに不当に学生からお金を徴収していた事実も分かり、政府はお金の返却および補助金の振り分けと保護者への謝罪を命じるとともに校長に懲戒免職を言い渡し、監督責任を果たしていなかったとして政府関連部門の関係者らを処分した。同事件は各メディアが伝え、各方面から注目を集めた。ネットでは「見せかけの補助金」と批判の声が多く聞かれている。(翻訳・編集/内山)