23日、四川在線によると、中国四川省宜賓市長寧県で、男性が驚きの理由で警察にうその通報をした。資料写真。

写真拡大

2016年2月23日、四川在線によると、中国四川省宜賓市長寧県で、男性が驚きの理由で警察にうその通報をした。

8日午前11時過ぎ、地元警察に「強盗に入られた」と通報があった。警官が駆けつけると、現場にいた男性は酒に酔っている様子だった。警官が状況を尋ねると、男性は実際に被害はなく、「警察が来るのがどれだけ早いか試してみたかっただけ」と話した。警官は男性を厳しく叱責して現場を離れた。

ところが、男性は正午ごろに派出所に姿を現すと、「住宅の問題を解決しろ」などと言いながら暴れた。この時は警官がなだめて男性を家に帰したが、午後3時ごろにまたもや現れ、今度は持参した布団を派出所のロビーに敷くなどして業務を妨害した。「仏の顔」に三度目はなく、男性はあえなく警官に捕まり、行政拘留処分が科された。(翻訳・編集/北田)