韓国政府がTHAADミサイルの導入で米国と中国の顔色をうかがうなか、中国が「釘を刺す」一声をかけた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 韓国政府がTHAADミサイルの導入で米国と中国の顔色をうかがうなか、中国が「釘を刺す」一声をかけた。中国メディアの環球網は24日、駐韓中国大使が韓国最大野党の「共同民主党」の非常対策委員会代表に「THAADミサイル設置は瞬く間に中韓関係を壊す可能性がある」と警告したと伝えた。

 韓国政府は米国の地上配備型終末高高度防衛サードミサイル(THAADミサイル)を導入するかで揺れ動いている。北朝鮮の核実験や「人工衛星」の打ち上げ実験を背景にミサイル防衛体制の強化に動いている一方、米軍の防衛システム導入に対して中国政府は反対の姿勢を示している。中国メディアの環球網は24日、韓国メディア・中央日報の23日付報道を引用し、駐韓中国大使が韓国最大野党の「共同民主党」の非常対策委員会代表に「THAADミサイル設置は瞬く間に中韓関係を壊す可能性がある」と警告したと伝えた。

 駐韓中国大使はさらにTHAADミサイル設置について「悪性の循環をもたらす」とし戦略的均衡が崩れ冷戦時代の対立構造を招き、軍備拡張競争をもたらし緊張感を高めると主張。「韓国は安全の保障が得られるかよく考えるべきだ」と述べたという。
 
 一方で中国メディア観察者は韓国国防部が23日に、1日から2日後にTHAADミサイルの運営について米韓で協議を行うと発表したことと、韓国政府・外務省報道官がTHAADミサイル導入関連の協議は最終段階に入っているが、最後の判断が遅れているため(運営協議までの)1日から2日の時間が必要なのだと話したことを伝えている。

 現況を招いた一因には、韓国が行ったどっちつかずの“コウモリ型”外交姿勢が背景にある。地政学的に同情する部分はあるものの、先延ばしにしてきた決断のツケが回ってきた格好だ。韓国政府が米国につくか中国につくか“最後の決断”に注目が集まる。(編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)