大渕愛子弁護士 待機児童多く長男の保育園入園を諦める

ざっくり言うと

  • 大渕愛子弁護士が24日のブログで、自治体の保育園入園を諦めたと報告した
  • 15年に生まれた長男の入園を希望しながら、待機児童の多さに断念したという
  • これに共感の声が多く届き、今後も働く女性のために戦っていくと意気込んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング