THE BEATLES

写真拡大

ドキュメンタリー映画『THE BEATLES LIVE(仮)』が、今秋に公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来、約21年ぶりのアップル・コア社による作品となる同作は、1963年からスタートした15か国90都市を巡るTHE BEATLESのワールドツアーの様子を、ライブ映像と各地の熱狂するファンの姿を通して捉えた作品。最後のライブとなった1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までの全166公演から多数のライブ映像を使用し、著名人や関係者のインタビューを織り交ぜながらバンドの全盛期を映し出す。

メガホンを取ったのは、『ダ・ヴィンチ・コード』『ビューティフル・マインド』などのロン・ハワード。制作にはポール・マッカートニー、リンゴ・スター、オノ・ヨーコ、ジョージ・ハリスンの妻オリヴィア・ハリスンも全面協力しているという。

プロデューサーは『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』『ボブ・ディラン ノーディレクション・ホーム』といった音楽ドキュメンタリーを手掛けたホワイト・ホース・ピクチャーズのナイジェル・シンクレアとスコット・パスクッチ、イマジン・エンタテインメントのブライアン・グレイザーが担当。エグゼクティブプロデューサーには、アップル・コア・リミテッドのジェフ・ジョーンズとジョナサン・クライドらが名を連ねている。