中国の一人っ子政策時代に生まれ、育てられた子どもたちは「小皇帝」と揶揄(やゆ)されることがある。親や祖父母に甘やかされて育ったため、「小皇帝」の世代はわがままだという見方もあるが、中国メディアの捜狐はこのほど、ある在日中国人の母親の所見を紹介、日本での教育を通じて「感謝の気持ちを育ませることができた」と論じている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国の一人っ子政策時代に生まれ、育てられた子どもたちは「小皇帝」と揶揄(やゆ)されることがある。親や祖父母に甘やかされて育ったため、「小皇帝」の世代はわがままだという見方もあるが、中国メディアの捜狐はこのほど、ある在日中国人の母親の所見を紹介、日本での教育を通じて「感謝の気持ちを育ませることができた」と論じている。

 記事はこの母親の子どもが幼稚園で「いただきますの歌」を習ったことを紹介。これはお昼の弁当を作ってくれた母親への感謝を表す歌だそうだが、子どもは母親にも食前に「いただきます」を言うようにせがんだという。中国には食前に感謝を言い表す習慣はないからだ。

 この母親は「いただきます」と食前に言う日本の習慣には、自然界の様々な命に対する感謝、食べ物を作ってくれた生産者の苦労に対する感謝、仕事をして自分を養ってくれる両親への感謝などの意味があることを知ったと記事は伝えている。

 子どもが「いただきます」の習慣を家に持ち込んだこの経験を通じて、母親の心にも変化が生じたようで、まだ幼いうちから子どもに感謝の気持ちを育ませる日本の教育に大きな価値があることに気がついたという。子どもに感謝の気持ちを育ませるためには、まず自分自身が他人から受けている親切に敏感になる必要があると指摘。この母親は子どもが他の幼稚園児たちから受けている親切や、自分自身が他の母親たちから受けている親切を実に事細かく覚えるようにしており、日本の別の習慣である「お返し」によって感謝を表すことを計画した。

 母親は小さな贈り物を園児の数に合わせて準備、それを子どもに持たせて「他の園児たちにプレゼント」するよう伝え、これは受けている親切への感謝を表すための行為であることを理解させたと記事は紹介している。いつも受けている親切や貰っている物を「当然のこと」と子どもが思わないようにするためだ。子どもに感謝の気持ちを持たせるために、感謝を表す機会を子どもに与える。現実的で実に素晴らしい方法だ。

 この母親は感謝の気持ちを子どもに育ませるなら、子どもは他人が示してくれる愛や親切に敏感になり、自分もまた人を愛し、感謝を示すことができる人に成長でき、社会生活を素晴らしいものにできると指摘している。これは子どもがどれだけの財産を持つよりも価値あることだとも述べ、子どもに感謝の気持ちを育ませる日本の教育を非常に高く評価した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)