24日、東京株式市場で日経平均株価が急続落、一時前日比300円あまり安い1万5753円を付けた。同日の東京外国為替市場で円が1ドル=111円75銭に上昇。2月12日以来、約2週間ぶりの高値となったことも嫌気された。写真は東京証券取引所。

写真拡大

2016年2月24日、東京株式市場で日経平均株価が急続落、一時前日比300円あまり安い1万5753円を付けた。同日の東京外国為替市場で円が1ドル=111円75銭に上昇。2月12日以来、約2週間ぶりの高値となったことも嫌気された。23日のニューヨーク市場で原油価格が下落したため、同日の米株式相場が反落。内外で投資家心理が悪化している。東京市場でも大型株を中心に売られた。

日経平均株価は、2013年からのアベノミクス相場の中で、最大の調整局面に陥っている。昨年6月24日に付けた高値2万0868円から、今年2月12日の昨年来安値の1万4952円まで6000円近く下げ、その後も基調的に低迷している。最近の株価下落の背景には個人消費低迷による国内総生産(GDP)成長率のマイナス傾向など国内要因が大きい。円高高進で企業収益の先行きにも暗雲が垂れ込めている。

市場関係者の多くは、26日からの中国・上海での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で「市場安定策が打ち出される」と期待している。(八牧浩行)