「かながわ夢ポーク メンチカツ丼」(680円)はボリューム、味ともに満足の一品

写真拡大

東京と横浜を結ぶ第三京浜道路にある保土ケ谷パーキングエリア(PA)は、平日は多くのビジネスマンが休憩や食事に利用。同PAには、そんな人たちの空腹を満たす、ボリュームのあるメニューが揃っている。

【写真を見る】スナックコーナーでは、他にも横浜名物の「スーラ―タンメン」などを食べられる

その一つが「かながわ夢ポーク メンチカツ丼」(680円)だ。カツに使用するのは地元・神奈川のブランド豚「かながわ夢ポーク」。国産茶葉とサツマイモを飼料に取り入れており、上質な肉の旨味とアッサリした脂身が特徴だ。

丼の内容は、白米の上にシャキシャキのキャベツとタマネギ、そして特製ソースに漬けた一枚100gのメンチカツが2枚。ジューシーな肉と甘味のあるタマネギの相性がよく、ぺろりと食べられる。

このメニューの提供時間は朝6時から夜11時まで。仕事で疲れた時や、ランチ時には、ぜひ立ち寄ってこのボリューム満点のメンチカツ丼を食べてみてほしい。【東京ウォーカー】