上位モデルはWi-FiやNFCなどスマホ連携機能を搭載

写真拡大

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「IXY(イクシー) 190」「IXY 180」2機種を2016年2月25日に発売する。

いずれも約2000万画素CCDセンサーを備える。人物や風景など被写体、青空や夜景といった光の加減など撮影時の多彩なシーンを自動判別し、簡単・きれいに撮影できる「こだわりオート」、カメラを向けるだけで被写体が1人か複数かを判断し、自動でズームイン/アウトする「オートズーム」などの機能を搭載する。

上位モデル「IXY 190」は光学10倍ズームレンズ、シーンを判断してブレ補正を切り替える「マルチシーンIS」などを搭載。写真や動画の共有やプリントなどができる「Wi-Fi機能」、対応スマートフォン(スマホ)やタブレットと簡単に接続できる近距離無線通信「NFC」を装備。専用アプリケーション「Camera Connect」をインストールしたスマホ/タブレットからのリモート操作も可能だ。カラーはブラック、レッド。

直販サイト「キヤノンオンライン」での価格は1万7800円(税別)。

スタンダードモデル「IXY 180」は光学8倍ズームレンズ、「ポートレート」「魚眼風」「ジオラマ風」などの多彩な撮影モードを搭載。カラーはシルバー、レッド。

直販価格は1万2800円(同)。