糖質オフでもヤセなくなったら…意外すぎる突破術【元アイドル22kgヤセへの道】
<元SDN48・なちゅ【22kgヤセへの道】12話>

 パーソナルジム(六本木CLOVER)に通い始めた、元体脂肪率50%のデブアイドル私なちゅは、ジムの方針にのっとり食事をいわゆる「糖質オフメニュー」にしっかり切り替えました。

 今まで自己流で糖質オフメニューにはしていましたが、お蕎麦はOK・根菜類もOKといった緩めなもの。白米やラーメンなど炭水化物をNGにしていただけ。でも、このジムに入ったからには、トレーナーの指示に従ってそれらもNGにして頑張ってみよう。なんせドSトレーナーさんだし。

◆「なちゅさん、食べてください」。ええっ?

 ジムに入って、10日。59kgの体重が57kg台になって、それから減らない、最初の停滞期がやってきました。

 するとトレーナーが意味不明なことを言いだしたのです。

「なちゅさん、食べて下さい!」

 えっ? 食べていいの? そんなの簡単だけど! 私が驚いて目をまんまるくしていると、

「単に食べるのではなく、チートデイを行います」

「チートデイ?」横文字の苦手な私は凍りつきました。何言ってんだぁ、このマッチョ?

============
【チートデイとは?】

 糖質は着火剤のような役割をする栄養素です。糖質を長期間制限していると、脂肪酸の燃焼割合が減っていき、体重の変化が見えにくくなります。そのような脂肪燃焼が滞る状態になった場合、1日だけ糖質をたくさん摂取し、糖質の着火剤の役割で脂肪酸の燃焼を促進させる方法です。

 食事内容を聞くと、いつもの2倍ほどの量を食べる食べる!!! 朝食・昼食合わせて400g以上の食事量に驚き。(詳しくはCLOVERの企業秘密だとか)

 夕食はプロテインとサラダとかいつも通りな感じ。
※女性は1日2000〜2500kcal、男性は2500〜4000kcalが目安。
※朝食と、昼食で1日の食事を食べ終える勢いで食べる。

============

◆自分の体をダマす「チートデイ」

 なんとなくイメージできました?「チート」は「ダマす」という意味らしい。つまり糖質オフし続けている体に「大丈夫、糖質はまだまだ体に入ってきますよ!」なんてダマす日を1日作るのです(簡単に言えば)。

 そうすると、「あ、なら体重減らしちゃっても死なないですね?」なんて体がダマされてくれる、それがチートデイなんでしょう(かなり要約)。

 でも、今まで1日100g減らすのに必死で頑張ってきたのに…そんなにたくさん食べて1kgとか増えたらショックで死んじゃう。私はこのマッチョにチート(ダマす)されないわよっ!

 このドSマッチョの繰り出す、急なドM(食べていいよ?)に、私はダマされてしまうのか! チートなのか? こんなの、先生はマッチョだから食べても大丈夫なんじゃないの?

 と、勘ぐってはみたものの、このジムに通うと決めたからにはトレーナーの言葉を信頼しなければっ!

 翌日、私は言われた通りにご飯を用意。

 食べるといつもよりかなり量が多く感じるけど、元デブの私は余裕で食べられる! むしろたくさん食べられて幸せ。

 お昼を食べきるとかなりお腹がパンパンに。背中まで少し膨れた気分? 満腹! ダイエット中だよね? こんなに食べて良いんですかーっ。最高です。幸せなチートデイ。

 食べたあとに罪悪感で恐くなって、いつも以上にこまめに動いたり、半身浴しちゃう私←(トレーナーを信じる心いずこ?)

 そして翌朝、恐る恐る体重計に乗ると…太ってない! 感動してトレーナーに言うと「人間の体はそう簡単に戻らないですから。普通です」。淡々と一言。ドS。

◆動かなかった体重が減り始めた!

 そして翌日からまた食事を戻して、4日後。動かなかった体重が減り始めた!