画像

写真拡大

 TISと、日本テラデータは、2月23日、ビッグデータ分析のコンサルティング・サービスの協業を開始した。将来的にテラデータの分析プラットフォームを活用し、TISがディープラーニング(深層学習)などの技術を応用した析サービスの開発も行っていく予定。

 TISと、日本テラデータは、ビッグデータ分析のコンサルティング・サービスの協業を開始した。

 日本テラデータは、分析エコシステム「Teradata UDA」、およびグローバルの業種特化型の分析ノウハウを提供。さらにIoTセンサーデータ、ソーシャルメディアやWebログといった各種ストリーミングデータをリアルタイムにTeradata UDAに格納できる「Teradata Listener」を提供する。

 一方、TISは日本特有の業種業界知識およびコンサルティングスキルを活用した、顧客の経営・業務課題の抽出、日本の商習慣に即した分析方法の選定、分析実施後の改善施策の立案から実行までをトータルでサポートする。

 これにより、日本特有のビッグデータの課題に対して適切かつ精度の高いデータ分析を行うことで、データ主導型のビジネス価値を獲得するとともに、ビジネス価値創出のスピードの飛躍的な向上を実現する。

 また、同協業では将来的にテラデータの分析プラットフォームを活用し、TISがディープラーニング(深層学習)などの技術を応用した新しい分析サービスの開発も行っていく予定。

MarkeZine編集部[著]