MVNOになり、安全・安心な通信をより快適に

写真拡大

イオンリテールは、通信サービス「イオンモバイル」をリニューアルし、2016年2月26日から新たに提供する。

MVNO(仮想移動体通信事業者)となり、「今まで以上に安全・安心で快適な通信サービスを提供する」という。音声通話やSMS(ショート・メッセージ・サービス)の利用も可能な「音声プラン」、データ通信のみの「データプラン」、音声SIM1枚とデータSIM2枚セット「シェア音声プラン」の3プランが用意される。

音声プランが500MB〜50GBで月額1180〜1万4800円、データプランが1GB〜50GBで月額480〜1万3800円、シェア音声プランが4GB〜50GBで月額1780〜1万5100円と、ライフスタイルに合わせ29種の通信料金プランから選択可能だ。音声通話料金は別途必要。

故障やプラン変更、解約などの各種受付は全国のイオン店舗で対応。解約金や契約期間の縛りはなく、本体同時購入のほかSIMカードのみの契約にも対応する。「安心保証」「電話サポート」「セキュリティ」がセットになった「イオンモバイル安心パック」(月額600〜700円)など、ユーザーサポートも充実させる。

2月26日〜3月31日までの期間「スタートキャンペーン」と題し、音声およびデータ2GBプラン加入者の通信料金を17年3月分まで特別価格で提供するほか、スマートフォン「ARROWS M01」、モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN AB」を特価で販売する。