22日、中国北京市が大気汚染の最高レベルの「赤色警報」の基準を引き上げると発表したことについて、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は北京の大気汚染。

写真拡大

2016年2月22日、英紙ガーディアンは新華社の報道を引用し、中国北京市が大気汚染の最高レベルの「赤色警報」の基準を引き上げると発表したと報じた。

新華社が21日に報じたところによると、北京市は3月末から、「赤色警報」を発令する基準を引き上げることを明らかにした。新しい基準では、大気汚染指数(AQI)の1日の予想平均値が500を上回る場合、300を上回ると予測される日が2日連続する場合、200を上回ると予測される日が4日間となる場合に赤色警報を発令する。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「これも1つのやり方だ。だが基準値を引き上げ続けていけば、大気汚染は発生していないというふりをすることもできる」

「政府が取る通常のやり方だ。規制が厳しすぎて目標を達成できないと分かると基準や目標を緩める」

「基準を厳しくすべきだ」

「北京の大気汚染がこんなにひどくなったのは、実際のところは誰の責任なんだ?北京市長か?習近平氏か?」

「問題の原因を解決するのではなく、ゴールポストを動かす方がいいということだな」

「こんなに汚染された地域で多くの人々が生活しなければいけないなんて、ショックだ」(翻訳・編集/蘆田)