U−16代表にFC東京むさしFW久保建英、C大阪DF瀬古歩夢らが選出

写真拡大

 23日、日本サッカー協会(JFA)は、ウズベキスタン遠征に臨むU−16日本代表メンバーを発表した。

 U−16日本代表は、FIFA U−17ワールドカップ2017出場を目指すチーム。今回のメンバーには、GK谷晃生(ガンバ大阪ジュニアユース)、DF瀬古歩夢(セレッソ大阪U−15)、MF福岡慎平(京都サンガF.C.U−15)、FW久保建英(FC東京U−15むさし)などが名を連ねた。

 U−16日本代表は、27日から3月7日にかけて「スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 中央アジア・日本 U−16サッカー交流」に参加。U−16イラン、U−16トルクメニスタン、U−16ウズベキスタンと対戦する。

 発表されたメンバーは以下のとおり。

▼GK
大内一生(横浜FCジュニアユース)
谷晃生(ガンバ大阪ジュニアユース)

▼DF
監物拓歩(清水エスパルスジュニアユース)
瀬古歩夢(セレッソ大阪U−15)
菅原由勢(名古屋グランパスU15)
小林友希(ヴィッセル神戸U−15)
桑原海人(アビスパ福岡U−15)
狩野奏人(JFAアカデミー福島U15)

▼MF
平川怜(FC東京U−15むさし)
福岡慎平(京都サンガF.C.U−15)
喜田陽(セレッソ大阪U−15)
桂陸人(サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース)
上月壮一郎(京都サンガF.C.U−15)
瀬畠義成(JFAアカデミー福島U15)

▼FW
山田寛人(セレッソ大阪U−18)
宮代大聖(川崎フロンターレU−15)
中村敬斗(三菱養和SC巣鴨ジュニアユース)
久保建英(FC東京U−15むさし)