TEDがシリコンヴァレーに教える「多様性のレッスン」

写真拡大

登壇者の男女比は1対1。生まれた国も、育った文化もバラバラだ。この「多様性」こそが、TEDがほかのテックカンファレンスとは一線を画する理由である。

「TEDがシリコンヴァレーに教える「多様性のレッスン」」の写真・リンク付きの記事はこちら

TED」が典型的なテックカンファレンスと違う理由を挙げ出したらきりがない。

まずTEDを聴くためのチケットは100万円近くもし(審査を受けた上で年会費8,000ドルを支払い、TEDの会員になる必要がある)、その参加者には著名人が名を連ねている。機密保持契約があるので、そこで誰に会ったかを書くことはできない(本当は書きたくてたまらないのだが)。また、時代は2016年だというのに、メインイヴェントホールには私物のモバイル端末を持ち込むこともできない。

しかし、TEDを特別なものにしている違いは、登壇者たちの多様性にある。

厳選されたイノヴェイターである今年のTEDフェローたちは、ガーナやキルギスといったさまざまな国から参加しており、アメリカ系イスラム教徒からモヒガン族まで幅広い文化的背景をもっていた。男女比は1対1。全員が、人間が経験できることがいかに幅広いかを象徴している。

多様性のレッスン

しかし残念なことに、彼らはまた、白人男性が大半を占めるテック業界が見落としがちなコミュニティーのスナップショットでもある。

TEDは、テック業界が多様性に欠けている理由として人材そのものにおける多様性不足を挙げるのが間違いだという証左にほかならない。というのも、イヴェント初日の数時間だけでも、登壇者のラインナップは、世の中が才能ある人々で溢れていることを証明したのだ。

TEDはこうした人々を見つけるべく情報網を張り巡らしている。そうすることによって彼らは、カンファレンスに集うテック界やエンターテインメント界、政界の有力者たちに、大きなアイデアを生み出すには多様性が極めて重要であるということを示しているのだ。

もし、TEDフェローのベクター・イスカンダルがキルギスの抑圧的な政権のもとで生活していなければ、キルギスの若者たちにジャーナリストになるように呼びかけるブログ「Kloop Media」を立ち上げることは決してなかっただろう。

もし、ケオル・フォックスがハワイ先住民の血を受け継いでいなければ、彼が先住民族のデータが遺伝学の分野で大幅に不足していることを発見することはなかったかもしれない。そしてモバイル技術を使って、より多くの先住民が自身の遺伝研究を行えるような取り組みを始めることも、決してなかっただろう。

もし、ニコル・アマルティフィオがガーナの黒人ではなくマンハッタンの白人として生まれていたら、「セックス・アンド・ザ・シティ」のアフリカ版、「アン・アフリカン・シティ」をつくろうと思い立つことは決してなかったであろう。そして、戦争や貧困だけでなく、ハイファッションのあるアフリカの新しい一面を視聴者に見せる機会もなかっただろう。

しかし、何よりも素晴らしいことは、フェローたちから「TEDの多様性を示すために登壇しているんだ」という印象を受けないことである。彼らは既存の枠組みにとらわれずに夢見ることによって、そのステージに立つ権利を得たのだ。

PHOTOGRAPH COURTESY OF TED CONFERENCE (CC BY-NC 2.0)

TAG

DiversitySilicon ValleyTEDWIRED US