23日、中国浙江省寧波市の繁華街で先日、エスカレーターが突然逆走し少なくとも5人が負傷したが、動画では如何に危険だったのかがよく分かる。

写真拡大

2016年2月23日、中国浙江省寧波市の繁華街で先日、エスカレーターが突然逆走し少なくとも5人が負傷したが、動画では如何に危険だったのかがよく分かる。

中国メディアによると、18日、地下に設けられたエスカレーターが突然逆走。乗っていた多くの人が逆走した拍子で折り重なって倒れ込んだ。

逆走したのは海外メーカーの中国子会社が生産した製品で、昨年は同社のエレベーターで女子大学生が命を落としている。今回問題となったエスカレーターは2004年製で翌年に使用を開始、15年10月に大掛かりなメンテナンスが実施され、同12月に検査機関の検査に合格したばかりだった。

中国ではエレベーターやエスカレーターのトラブルが多発しており、昨年7月に湖北省のショッピングセンターで子ども連れの女性がエレベーターにのみ込まれ犠牲となったニュースが日本でも大きく報じられた。安全問題が絶えない現状にネットからは、「できるだけ階段を使用した方がいい。今のエスカレーターに安全感はない」「怖すぎる」と不安の声が数多く寄せられた。(翻訳・編集/内山)