バクテリアは世界を「見る」ことができる:研究結果

写真拡大

岩や水面など至るところにぬめぬめした膜を形成する藍色細菌(シアノバクテリア)は、世界を「見る」ことができることがわかった。体を一種の小さなレンズのようにして日光を感じ取り、光源の方へと移動するのだという。

「バクテリアは世界を「見る」ことができる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

細菌は、見た目よりもすごい生き物だ。極寒かつ真空の宇宙空間で1年以上生き延びることができる。地球上には少なくとも5×10の30乗個ほど存在する。それに、人間の体内には約100兆個の細胞が存在するが、その1割ほどは、実際にはバクテリアやウイルスなどだ。

さらに細菌は、一種の小さな眼球として働き、世界を「見る」こともできることがわかった。

藍色細菌(シアノバクテリア)は、岩や水の至るところにぬめぬめした膜を形成する、古くから存在する細菌性生物だ(アオコや赤潮などの原因になる種もあるほか、食用となるスピルリナも藍色細菌のひとつ)。

藍色細菌がどのように光を感じて光の方へ移動するのかについては、これまでわかっていなかったが、研究チームによると、細菌の細胞は一種のレンズとして働くことができるのだという。球面になって日光を屈折させ、光を細胞の逆側の1点に集中させることによって光を感じ、いわゆる走光性によって光源の方へと移動して光合成を行うのだ。

カメラ、人間の目、藍色細菌がどのように世界を「見る」かを説明する図。画像は、『eLifeScience』に掲載された論文より。

研究チームのリーダーであるロンドン大学クイーン・メアリーのコンラッド・マリノーはリリースで、「細菌がわれわれ人間と基本的には同じやり方で世界を見ることができるというのはかなり刺激的なことです」と説明している。「科学者はこの340年間、顕微鏡で細胞を見続けてきましたが、これまではこのことに誰も気がついていませんでした」

研究チームは、「棒状」の細菌もまた一種の光ファイバーレンズになることができ、光をとらえて感じることで光源の方向へと移動するのではないかと考えている。

人間など動物の視覚はもちろん細菌のものよりもはるかに複雑だが、細菌の視覚と同じような原理から進化したのかもしれないと研究チームは考えている。

細菌の光合成能力については、食品やバイオ燃料といった有用なものの製造に利用することが模索されている。

関連記事:「人食いバクテリア」はいかにして進化したか

TAG

BacteriaBiologyVisualizationWIRED UK