東日本旅客鉄道では23日から、「JRE POINT」サービスを提供開始する

写真拡大 (全10枚)

 東日本旅客鉄道は23日、「JRE POINT」サービスに関する記者説明会を開催した。JRE POINTは、JR東日本グループが同日より開始し、Suicaポイント、ビューサンクスポイントなども、将来的にこのJRE POINTに統合される。同社では貯めやすく、使いやすいポイントサービスを実現していきたいと説明している。

■JRE POINTの狙い

 東日本旅客鉄道では現在、SC・エキナカ事業として駅ビルに約8,500店舗、駅構内に約1,400店舗のショップを展開し、また自販機を約7,600台設置している。それぞれの店舗ではポイント制度によるサービスを実施しており、グループ内の会員数は1,800万人にも及ぶ。

 しかし利用できるカードは店舗によりまちまちで、例えば駅ビルだけで19種類のカードが存在している。Suica、ビューカードなどを含めると全24種類となるため、利用者からは「一本化して欲しい」といった要望が上がっていた。

 説明会に登壇した、東日本旅客鉄道 執行役員 事業創造本部部長の松崎哲士郎氏は「これまでは、さまざまなカードが存在しており、カードにより還元率もバラバラだった。お客様がメリットを感じにくいサービスになっていた」と説明。23日に開始する「JRE POINT」は、これを統一するものだ。

 サービスの開始当初は、首都圏近郊にあるアトレなどの駅ビル(合計31館)でJRE POINTを利用できるようにする。その後、Suicaポイント、ビューサンクスポイントを統合するなどして、サービスを順次拡大していきたい考え。ポイントは100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる設定で、1ポイント1円として利用できる。松崎氏は「貯まりやすい、使いやすい、わかりやすいをキーワードに、”ちょっといい”ポイントサービスにしていきたい」と意気込んだ。

 続いて登壇した、野村総合研究所 上級コンサルタントの安岡寛道氏は「顧客戦略の見直しにともない、最近では老舗百貨店、大手電力などもポイントサービス事業に参入しており、国内は”一億総ポイント会員化”の社会になってきた。そのなかで、JRE POINTはグループ内で貯めやすいのが特長。ひとつの面白い存在になり得るのではないか」と解説した。

■数年後までに1,100万人を目指す

 説明会の最後に質疑応答の時間がもうけられ、東日本旅客鉄道の松崎氏が記者団の質問に回答した。

--- ポイントの原資、負担の割合などは?また、スタートキャンペーンを実施する狙いは?
(※同社では「JRE POINTスタートキャンペーン」として、3月31日までの期間内に入会、Web登録した利用者にポイントを付与するキャンペーンを実施する)

松崎氏:ポイントの原資、負担の割合はそれぞれの駅ビルの方針によって違う。ショップと話し合い決めているところ、全体の販促で決めているところなどがある。知名度の低いJRE POINTを、なるべく早く使っていただきたい、便利さを実感していただきたいということで、スタートキャンペーンを実施する。

--- 目標とする会員数は?駅ビルだけでなく、鉄道との連携も行う予定?

松崎氏:数年後には1,100万人を目指したい。鉄道との連携については、お客様の声も聞きながら進めていきたい。

--- Suicaが利用できる店舗は、JR東日本という枠組みを越えて拡大している。JRE POINTをJR東日本グループ内での利用に限定した理由は?

松崎氏:まずは、我々のところでバラバラだったサービスをまとめたかった。生活に身近なカードとして、使っていただくきっかけになれば。今後とも、何がお客様にとって良いことか考えながら展開していきたい。

--- これまでも全24種類のポイントカードをまとめる構想はあった?その実現が難しかった理由について。

松崎氏:これまでも、まとめるという話はあった。ただ駅ビルはそれぞれの店舗で成り立ち、地域性に違いがある。周辺のお客様にとって身近なサービスを提供するなかで、ポイントのシステムや還元率が異なるサービスが各々展開することになった。システムの統合に手間と時間がかかったが、今回、会員様の多いアトレのシステムが更新する時期に合わせて、JRE POINTを提供開始できた。