狂犬病の予防接種率の低下に専門家が警鐘 海外から流入する可能性も

ざっくり言うと

  • 飼い犬の狂犬病予防接種率が減少の一途をたどっている
  • 狂犬病は日本では忘れられた病気だが、海外から流入する可能性もあるという
  • 平成5年には99%以上の飼い犬が接種していたが、平成26年には71%となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング