丸の内で開催!鳥取のおいしい紅ズワイガニなどを堪能できる「ウェルカニランチ」に行ってみない?

写真拡大 (全3枚)


鳥取のおいしい紅ズワイガニなどの食材を堪能できるランチが、丸の内に期間限定で登場する。

2月24日〜3月2日に「食のみやこ」鳥取県が開催するのは「鳥取のとっておき!“ごっつお”ウェルカニランチ」。三菱地所が推進する「食育丸の内」プロジェクトとのコラボレーションだ。

目玉食材として使われるのは、蟹取県こと蟹の漁獲量が日本一をほこる鳥取県の「紅ズワイガニ」。これが全てのランチメニューに使われているというから、何とも贅沢。それでは「鳥取のとっておき!“ごっつお”ウェルカニランチ」のメニューをいくつかご紹介しよう。

「紅ズワイガニたっぷり!まるごと鳥取丼」(銀座寿司幸本店)は、紅ズワイガニ、大山(だいせん)ブロッコリーきらきらみどり、寒鰆、京谷さんちの人参、ねばりっこ、ベニズワイガニのおぼろをトッピングしたちらし寿司。鳥取の海と山の美味しいものをひとつの丼で堪能できる。

「あま〜い白ネギのラグーと紅ズワイガニのスパゲッティ」 (アンティカ オステリア デル ポンテ)は、しゃきっとした食感を残しながら甘味を引き出した白ネギと、ガーリックオイルで炒めた紅ズワイガニをパスタに仕立てたもの。タイムの香りがアクセント。

「鳥取のとっておき!“ごっつお”ウェルカニランチ」は2月24日〜3月2日の平日11:00〜16:00、土日祝10:00〜17:00に丸ビル1階Marunouchi  Café ×WIRRD CAFE にて提供、サラダ・ドリンクつき(土日のドリンクは+190円・税抜)で1200円(税抜)となっている。

鳥取にはどんな美味しいものがあるのか、丸の内の期間限定ランチでぜひ味わってみて!