「三日坊主を駆逐する」日記アプリ『Day One 2』

写真拡大

スマートフォンから入手できる現在地などの情報を使い、人生のスナップショットを簡単に残せる日記アプリ「Day One」が、ヴァージョンアップした。

「「三日坊主を駆逐する」日記アプリ『Day One 2』」の写真・リンク付きの記事はこちら

記憶を残し、思ったことを掘り下げ、1日にやったことや気がついたこと、気になっていることなどを記録するのがすばらしいことであるのは科学的にも証明されている。しかし、毎日腰を落ち着けて日記の書き出しを考えるのは大変な作業だ。

日記アプリの『Day One』は、日記の記入をストップウォッチのスプリットカウンターのようなものにすることで、そんな問題をうまく回避している。スマートフォンから入手できる現在地やモーションデータなどさまざまな情報を使い、人生の好きな時点のスナップショットを残してくれる。それを言葉、写真、動画などでどうふくらませるか(あるいはシンプルに記録するだけにするか)は利用者次第だ。

Day Oneは数年前からMac版とiPhone版が提供されている。iPhone版アプリは日記を実に簡単につけられるし、Mac版アプリは過去の日記を見るのに優れている。3Dタッチでエントリーを始め、写真を撮るかアップロードし、説明をつけると、あっという間に日記のできあがりだ。

開発元のBloom Built社は最近、完全にオーバーホールしたヴァージョン2を公開した。新しくなったDay One(その名も『Day One 2』)は、デザインが洗練され、写真が大幅に強調されたほか、日記をフィルタリングする方法が増えて、特定の場所や時間やトピックの日記を見ることができるようになった。

また、複数の日記がつけられるようになった。たとえば、読んだあらゆる本を記録できる几帳面な目録と、「気分次第の」日記とを分けることができる。

また、Day One 2はプライヴァシーとデータの扱いも優れている。パスコードを設定できるので、マットレスの下に日記帳を隠すよりもはるかに安全だし、データはいつでもPDFやプレーンテキストで書き出すことができる。

最大の難点は、iPhone版が9.99ドル、Mac版が39.99ドルという価格だ(今なら半額で購入できる)。しかし一度買ってしまえば、日記を続けるためのあらゆることが大幅に簡単になるだろう。

関連記事:『WIRED』US版が選ぶ、いまおもしろいアプリ4選

TAG

AppsDiaryVideoWIRED US