画像

写真拡大

 妊娠・出産・子育てのコミュニティサイトを運営するベビカムと小学館が業務提携。両社は妊娠・出産・子育てをサポートする統合サービスの提供を目指す。

 ベビカムと小学館は、妊娠・出産・子育てをサポートする統合サービスの提供を目指し業務提携を行った。

 ベビカム(旧デジタルブティック)は、1998年から、 妊娠・出産・子育てをサポートするコミュニティサイト「ベビカム」を運営し、コンテンツやユーザ自身の経験をベースにしたCGMなどが18年間蓄積されている。一方、小学館は幼児誌や保育誌など育児関連のコンテンツを多く発信。子どもや保護者、教育者に読まれていいる。

 今後両社はコンテンツ作りへのCGM活用やアプリなどによる発信、新しいコンセプトのサービス・ビジネスの創造を通し日本・アジア最大の妊娠・出産・子育てサポートサービスの提供を目指す。

MarkeZine編集部[著]