櫻井翔のライバルは?ポンコツだけど“ジャニーズDNA”を引き継ぐ色男
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 春一番も吹き、コートを脱ぐ季節が近づいてきました。薄着になって気になるのは、やはり貧乳やなで肩といった体型のコンプレックスです。

――なで肩。

 ジャニーズで“なで肩”といえば「櫻井翔くんの話か?」と思いがちですが、ちょっと待って。今語りたいのは、霤朕鰺気気鵑里海箸覆里任后

◆ジャニーズ“なで肩”界に新星登場

 霤朕鰺気気鵑蓮1988年12月19日生まれの27歳。“ジャニーズWEST”のメンバーです。櫻井さんが“キング・オブ・なで肩”なら、濱田さんは“プリンス・オブ・なで肩”。オラオラした“いかり肩”とは、趣を異にする魅力の持ち主といえましょう。

 濱田さんは身長178センチと上背がありますが、あまりギラついておらず佇まいは控えめ。バイト先にいたら、パートのおばちゃんに「アンタ、しっかりしなさいよ!」とお饅頭を恵まれてそうな雰囲気があるのです。

◆ポンコツだけど、やっぱりジャニーズ

 事実、『リトル東京ライフ』(※)でメンバーの重岡大毅さんとさまざまなバイトに挑戦した際は、期待に違わぬポンコツぶりで私たちを魅了してくれました。

 チャキチャキと仕事をこなす重岡さんに対し、掃除に行けば掃除機を壊し、置き菓子の設置に行けば数を間違える。これだけ見ていると「この子、大丈夫かしら?」感がハンパないのですが、そこはジャニーズ。彼も、“油断させて女心を喰らう集団”の一員です。

 特に濱田さんの魅力が際立つのは、生のステージ。派手なイントロでもったいつけて……というのでなく、ふっと空気を一閃させるアクロバットを見せてくれるのです。

 そのインパクトは、まるでかまいたち。気づいたらホレさせられているパターンです。

◆女を引き込む魔性のスロープ

 そして。霤朕鰺気気鵑梁し舛蓮美しい線の企みでできています。

 まず口元。微笑むようにカールした、唇の端の曲線。これにドキッとして目を逸らすと、シャープな首筋の線につかまります。

 で、その先に待ち受けるのが、なだらかな肩の稜線。

 あれこそは、恋の奈落のすべり台。女を引き込む魔性のスロープなのです。

 そんな濱田さん、「歌喜劇/市場三郎〜温泉宿の恋」(※)なる舞台に挑戦するそうです。タイトルからすると、大衆演劇っぽいのでしょうか。

 お母さんやおばあちゃんと一緒にも楽しめそうで、胸が高鳴ります。

 あなたも“魅惑のなで肩”をナマで拝んでみませんか?

【歌喜劇/市場三郎〜温泉宿の恋】
2016年4月22日(金)〜5月8日(日)東京グローブ座、5月13日(金)〜15日(日)大阪・シアタードラマシティにて上演。チケット一般販売は3月12日(土)〜。http://www.ichibasaburo.com/

【リトル東京ライフ】
毎週水曜夜11時58分〜テレビ東京系にて放送中。http://www.tv-tokyo.co.jp/little-tokyolife/

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』