画像

写真拡大

 LINEは、「LINE Creators Market」において、ユーザーがLINE全体の画面デザインを変更することができる機能「着せかえ」を制作・販売できる「クリエイターズ着せかえ」を2016年4月下旬(予定)より開始する。

 「LINE Creators Market」は、ユーザーが自分で制作したLINEスタンプを販売することができるプラットフォーム。2016年2月22日時点で、登録クリエイター数は52万人、販売中のスタンプは23万セットを突破している。

 4月より同プラットフォームにて始まる「クリエイターズ着せかえ」では、個人・企業を問わずLINEアカウントを持つユーザーがLINEの「着せかえ」を制作し、LINEによる審査を経た後に、「LINE」アプリ内着せかえショップおよび「LINE STORE」を通じて販売することができる。

 販売価格は1セット360円・480円・600円の中から自由に設定することができ、売上総額の35%がクリエイターへの収益分配額となる。また、「クリエイターズ着せかえ」ではイラストに限らず写真を素材として使用することができ、メニューボタンや背景、アイコンなど複数のパーツを組み合わせて制作する。そのため、クリエイターのアイディア次第で多彩な世界観を表現することが可能だ。

 同社では開始に先駆け、2月22日より「LINE Creators Market」公式サイトにて「クリエイターズ着せかえ」の制作・審査ガイドラインの公開を開始した。今後、制作した「着せかえ」の審査受付を4月15日、審査を通過した「着せかえ」の販売開始を4月下旬に予定している。

MarkeZine編集部[著]