国会を騒がせる自民党の「2012年問題」

写真拡大

「金帰火来」とは、国会議員の生活スタイルを表わした永田町用語だ。

 議員たちは毎週、金曜日の本会議が終わると一斉に選挙区にトンボ返り。土、日、月と地元の祭りや運動会、支持者の冠婚葬祭などをフルにこなし、火曜日の朝、東京に戻る。そうした地元活動のために、国会では、議員に新幹線グリーン車乗り放題のパス券や月4往復分(最大)の航空券を無料支給し、月曜日はできるだけ委員会の審議日程を組まない慣例まである。だが、最近の自民党若手議員の行動パターンは様変わりしている。

「うちのセンセイは週末戻ってきても“用事があるから”とすぐに東京に戻ってしまう」

 そうボヤくのは北関東の地方議員だ。西日本の代議士の地元を支える後援者からはこんな声も聞かれる。

「地元に戻っても大きな祭りにも顔を出さない。フェイスブックやブログに写真を上げるのは熱心だけど」

 では、地元に帰って何をしているのか? 地元活動を不倫密会のカムフラージュに利用していたのが「ゲス不倫」を『週刊文春』に報じられ、議員辞職に追い込まれた宮崎謙介・前代議士(京都3区)だ。

 育休宣言で脚光を浴びた宮崎氏は妻の金子恵美・代議士が出産する6日前(1月30日)、選挙区の京都に戻った際に東京から呼び寄せた元タレントのA子さんを自宅に泊め、翌日、何食わぬ顔で京都市長選の応援に回った写真をブログにアップしていた。

 驚かされるのは女性に対するマメ男ぶりだ。国会会期中にもかかわらず宮崎氏は毎日、A子さんにLINEで〈私のど真ん中はソナタ〉などとメッセージを送り、A子さんはテレビ番組で「1日にLINEが400通以上の時もあった」と明かした。

 仕事そっちのけなのは宮崎氏だけではない。昨年3月に同僚議員・門博文氏(比例近畿)との不倫路チューを『週刊新潮』に報じられた中川郁子・農水政務官(当時。北海道11区)は、予算委員会への出席をドタキャンして緊急入院したかと思うと、禁煙の病室でタバコをプカリとしていたことがバレて国会でさらに謝罪。

 未公開株をめぐる金銭トラブルで昨年8月に自民党を離党した武藤貴也・代議士(滋賀4区)は、未成年男性を議員宿舎に連れ込んで1回2万円で買春していた疑惑まで報じられた。

 失言も枚挙に暇がない。大西英男・代議士(東京16区)は、昨年の安保国会さなかに自民党内の勉強会で「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」と発言し、同調した井上貴博・代議士(福岡1区)らとともに執行部から厳重注意処分を受けた。

 この勉強会の出席者には、昨年2月に代表質問をしていた共産党の志位和夫・委員長に「さすがテロ政党!」と野次を飛ばした山田賢司・代議士(兵庫7区)、勉強会に講師として呼ばれた作家・百田尚樹氏の「沖縄の2紙は潰したほうがいい」という発言を「彼一流のジョーク」と評して物議を醸した白須賀貴樹・代議士(千葉13区)もいる。

 ここに挙げた議員はいずれも、自民党が政権復帰した「2012年総選挙の初当選組」である。

 自民党ベテラン議員は「この期は風で受かって選挙の苦労も野党暮らしの厳しさも知らない。だから軽はずみな行動や発言ばかりになる」と頭を抱え、自民党の「2012年問題」と呼ばれている。

※週刊ポスト2016年3月4日号