淡白なやりとりが彼の気持ちを引き寄せる。星座別・恋を育てるコミュニケーション術

写真拡大

今週は、恋愛の星・金星とコミュニケーションの星・水星とが、ホロスコープ上で重なる星の配置。西洋占星術研究家でアロマセラピストの登石麻恭子さんによれば、こういうときは、コミュニケーションが恋愛運を高めるカギになるのだそう。

「ただし、金星と水星がともに“自立”や“束縛のない自由”という意味がある水瓶座に位置しているため、ベタベタとしつこくしないようにしましょう。コミュニケーションの手段を限定したり、メールの文字数を少なくしたり、頻度を落としたりするのがポイントです」(同)

さっそく、どんなコミュニケーションをとると彼との恋愛がうまくいくのか、星座別にチェックしよう。
◆火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

相手のリアクションを感じながらコミュニケーションをとると、自分の気持ちを伝えやすい火の星座。そのため、彼とのコミュニケーションに電話を使うのがおすすめ。ただし、電話は今週1回だけにして、それも要件のみを話すようにしよう。そうすると、相手は「もっとしゃべりたいのにもの足りない」と感じて、積極的に気持ちを伝えてくるように。

◆土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

土の星座は、距離を置いたコミュニケーションをすると、恋愛がうまくいく星の配置。例えば、SNSで彼の名前は出さずに、さりげなく彼の行動やセンスを褒める投稿を1回だけして。特に、外面ではなく内面について、「こういうことができる人っていいな」や「尊敬する」と書くのがポイント。投稿の内容が風の噂で彼に伝わることで、彼のあなたに対する好感度が大幅にアップするはず。

◆風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

風の星座は、文字で伝えると気持ちがうまく伝わるとき。だから、メールやSNSのメッセージでコミュニケーションをとるのがおすすめ。内容はなんでもいいけれど、相手に敬意を払った言い回しを心掛けて。ニュアンスの違いに、相手への敬意がにじみ出るので、“てにをは”の使い方に細心の注意を払うのがポイント。そうすると、彼はあなたの考え方に共感して気持ちが引き寄せられそう。

◆水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

視覚的な要素を使うと感情が伝わりやすい水の星座は、今週、スタンプだけのメッセージでコミュニケーションを。スタンプは相手の好みのキャラや、相手がよく使うスタンプのシリーズから選んで。食事の写真や訪れた場所の風景写真など、日常生活を撮影した画像を送るのも効果的。どうしても文字を添えたいのなら、ひと言だけに。彼はあなたのスタンプ選びや写真のセンスに惹かれて、愛情がさらに高まる。

さっぱりしたコミュニケーションがむしろ彼の興味を捉えて、恋を育てることにつながるはず。

登石麻恭子
西洋占星術研究家、英国IFA認定アロマセラピスト、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。『魔女の手作り化粧品』(ワニブックス)、『魔女のアロマテラピー』(INFASパブリケーションズ)、『スピリチュアルアロマテラピー事典』(河出書房新社)などの著作がある。