22日、韓国の元慰安婦の民間支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」はこのほど、元慰安婦の金景順さんが20日、ソウルで死去したと発表した。写真は韓国の慰安婦歴史館。

写真拡大

2016年2月22日、韓国・中央日報によると、韓国の元慰安婦の民間支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」はこのほど、元慰安婦の金景順さんが20日、ソウルで死去したと発表した。環球時報(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

報道によると、金さんは19歳の時、旧日本軍に広島県の慰安所へ強制連行された。1992年に挺対協に自身の過去や状況を報告。その後、ほかの元慰安婦とともに慰安婦問題の周知に力を入れてきた。日本政府の調査団に自らの体験を話したり、日本企業を相手取って損害賠償請求訴訟も起こした。元慰安婦の名誉回復のため、米サンフランシスコの裁判所へ赴いたこともある。

金さんの死去により、韓国政府に登録した元慰安婦238人のうち、存命中は44人となった。(翻訳・編集/大宮)