2月19日に筑波サーキットで開催された初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭で、なんとグッドスマイルレーシングのメルセデスベンツAMG GT3が初走行!

本来は1月下旬にドバイ経由で日本到着、2月7日のワンダーフェスティバルでお披露目した上でファン感謝祭の初走行となるはずでしたが、輸送の遅れが発生したためワンダーフェスティバル当日は臨時中継地点となった台湾に!そして2月8日に成田空港に到着となったのです。

そこから急ピッチでカラーリングを施し、2月14日AEON幕張新都心で開催されたグッドスマイルレーシングの監督を務める片山右京さん率いるサイクルレーシングチームTeam UKYOの体制発表の会場でお披露目となったのです。

033 034

そのためかどうかは定かではありませんが、引渡しから初走行までの時間があまりにも短いことは確かで、ファン感謝祭ではエンジンがかからないというハプニングも発生。

しかしメンテナンス担当のファインのメカニックさんの努力の甲斐もあって、感動の火入れを目にすることも出来ました。

009

そして午前11時35分、このAMG GT3が初めてレーシングスピードで走ることとなりました。

004

初ドライブは谷口信輝選手。「すごいダウンフォースがある。無理してないけど手応えがある!」とのこと。

002

そして午後の走行ではホンキでタイムアタックをするぞ!ということで、かなり攻めての走り。

5周のアタックで、何もセッティングしていない状態で53秒6を出すAMG GT3。2011モデルのZ4 GT3が53秒5、2014モデルが53秒4。素でここに肉薄するとはかなりのポテンシャルではないでしょうか。

006

今年もレーシングミクは健在。早くSUPER GTのシリーズでその姿を見たいという期待に胸が膨らみます。

032

この日の筑波サーキットはファン感謝祭ということもあって、多数の個人スポンサーの来場がありました。

023

そのファン感謝祭の中で行われた数々のイベントでも特に注目したいのがこちらの2011年モデルのBMW Z4 GT3。

なんとGT3マシンに助手席を設けて同乗走行が出来るというもの。谷口選手の「ガチな」ドライブをそのまま体験できるとあって予約受付開始後に即完売という大人気。

021 020

そのほか、このレクサスIS-F CCS-Rには、あの小林可夢偉選手が同乗走行を担当!一流選手の操るレーシングマシンに同乗できる夢のような体験を満喫できたようです。

014

また、グッドスマイルレーシングの安藝代表がご自身のコレクションであるカウンタックをご自身でドライブするというサプライズも披露。

015 016

ここまでオリジナルを保つLP500がサーキット走行すること自体が稀なことです。

030

そして、この日で見納めの2015年衣装を着たレーシングミクサポーターズの面々。開幕の岡山戦では新衣装での登場となります。

018

そしてファン感謝祭の最後を飾る大イベントが歴代チャンピオンマシンである2台のZ4と86/BRZレースのチャンピオンマシンである初音ミクカラーの86、そしてFIA-F4マシンが争うドリームマッチ。

024 022

もう懐かしさすら感じる歴代のZ4が走る姿は感涙モノ!

025 026

当然ラップタイムに大きく差があるFIA-F4と86。86にいたってはZ4 GT3と15秒以上のラップタイム差があるために4周、その他のマシンは5周というルールでレースはスタート。

027 028

ぬるい雰囲気で展開するのかと思いきや、いざ始まってみれば、とんでもないガチレース。2011モデルの谷口選手が、2014モデルの片岡龍也選手をスリップストリームを使って追い抜く場面まで披露してくれます。

029

そんなガチレースの模様は3月16日発売のVIDEO OPTIONでご確認ください。予想をはるかに超えた結果に驚愕するはずです。

031

この日に参加したドライバー。歴代の初音ミクGTプロジェクトマシンをドライブした歴戦の勇士と歴代監督の姿を目に焼き付けてください。

来年もこういったイベントの開催を期待します。

(写真・文:松永和浩)

 

000001002003004005006007008009010011012013014015016017018019020021022023024025026027028029030031032033034

【SUPER GT2016】グッドスマイルレーシングの初音ミクAMG GT3、筑波でシェイクダウン!(http://clicccar.com/2016/02/22/355446/)