LCC利用率急成長  短期海外旅行の足として人気=旅行サイト調べ/台湾

写真拡大

(台北 22日 中央社)台湾の人が航空機で海外旅行をする際、2015年には37%が格安航空会社(LCC)を利用していたことが、旅行検索サイト「スカイスキャナー」の調べで分かった。2014年の30%に比べ7%増加した。

同社のウェブサイトやスマートフォン向けアプリなどを通じた予約実績を基に算出した。LCCの就航先で最も人気だったのは大阪。以下、東京、シンガポール、沖縄、バンコクと続いた。

一方、平均旅行日数でみるとLCC利用者は4日だったのに対し、フルサービス航空会社は10日。LCCの性質上、近場なアジアなどの小旅行に好まれるのではと同社は分析している。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)