足先が冷えて、ベッドに入ってもうまく寝付けない……。そんな悩みを抱えている女性、多いですね。
冷え性は指先や足先を温めるより、体の中心を温めることが大事です。
体に取り入れることができるものなら、より体の中心から温まります。
ショウガはちみつは、すぐできて、簡単に取ることができる“すぐれもの”です。
少し冷えたかも⁉と感じたら、すぐに飲めるように、おうちに常備してはいかがでしょうか?

1

美味しくて、カラダにもいい「ショウガはちみつ」を飲んで、元気になりましょう!


ショウガはちみつの作り方

用意するもの
・ はちみつ  ・ ショウガ ・ 保存用の瓶
作り方
1・瓶を熱湯消毒してください
2・ショウガを薄めにスライスします
3・瓶にショウガを入れて、ヒタヒタになる位のはちみつを入れます
以上です。こんなに簡単なので、材料だけあれぱすぐに作れますよね。

瓶に入れたイメージ


ショウガはちみつの食べ方

だいたい4時間くらいから、ショウガのエキスがはちみつに溶け出します。
1日経ったくらいからが、美味しくなってきます。
食べ方として一番簡単なのが、
スプーンにすくって、コップに移し、お湯を注いで飲む「ホットジンジャーはちみつ」です。
中に入っているショウガも、生の時のトゲトゲしさはなく、美味しく食べることができます。
あたたかい紅茶に入れれば、あら不思議!
ショウガ風味が薫るフレーバーティーとして、美味しく飲むことができます。

スライスしたショウガと、はちみつ


ショウガとはちみつの効能

ショウガは体を温める効果があるのは、よく知られていることだと思います。
さらに、殺菌効果があるはちみつ。
この二つが一緒になることで、風邪予防にも効果があります。
喉がイガイガして痛いな〜という時はもちろんのこと、冬はもともと乾燥して、他の季節に比べて喉の調子が悪くなりがちです。
この「ショウガはちみつ」を常備すると、冷え性だけでなく風邪予防にも役立つはず。
健康と美容促進のために、「ショウガはちみつ」作りにチャレンジしてみてくださいね。