優勝は逃したが「1週間楽しかった」と振り返ったカリー・ウェブ(Photo by Morne de Klerk/Getty Images)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇21日◇グランジェGC ウェストコース(6,600ヤード・パー72)>
 カリー・ウェブ(オーストラリア)は「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で6度目の優勝を期待されていたが、2016年シーズン初戦ともなった今大会の結果は3位。優勝まであと一歩届かなかった。
米国女子ツアーのニュースを写真でチェック!
 「良いスタートがきれました。良いパットがいくつかきまりましたがそれだけですね」ウェブは言う。「その後、パットがきまりませんでした。今日もあたりはよかったので、グリーン上では本当にストレスがたまりました」。
 パターがきまらず残念ではあったが、ウェブは今週、さまざまなことを学んだ。「また戻ってこれて良かったです」とウェブ。「オーストラリアン・オープンでプレーして22年になります。観客の皆さんは素晴らしいですし、私のことも応援してくれます。グランジェでプレーするのは最高です!オーストラリアでプレーしたコースの中でもベストコースの1つです。この1週間楽しかったです」。
 安定したフィニッシュは来週「ホンダLPGAタイランド」で戦うウェブに自信をもたらした。「そうですね、来週のコースも大好きです。あそこでは非常に良いパットができています。ですから楽しみです」。
※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
「自分のゴルフを信じる」野村敏京が初優勝で気づいたこと
「自分のプレーに集中しただけです」野村敏京、世界No.1倒しツアー初優勝!
【動画】野村敏京がツアー初優勝!最終日のハイライト【ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン】
「とにかく勝ちたい!」宮里藍、初ゴルフフェアで4年ぶり優勝への意気込み語る
初優勝した野村敏京のプレー動画も!米国女子ツアー動画はこちら!