『擬人化でまなぼ! ネットワークのしくみ』書影 ©1985-2016 SHOEISHA

写真拡大

翔泳社は、HTTPやTCP、IP などのプロトコルを美少女キャラに擬人化した、ITネットワーク技術の入門書『擬人化でまなぼ! ネットワークのしくみ』を2016年2月18日に発売しました。

『擬人化でまなぼ! ネットワークのしくみ』PVを見る

イーサちゃんを演じる人気声優・佐倉綾音がナレーションを担当しているプロモーション映像がYoutubeで公開されています。

このIT擬人化プロジェクトは、昨年11月にクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金募集を実施したところ、1日で目標額の30万円を達成。最終的に134万円が集まるなど、刊行前から注目されていました。

ネットワークの分野では、HTTPやTCP、IPなど略語のようなプロトコルが多く登場し、初心者にとっては、それぞれの役割や関係性の違いを理解するのは大変…そこで!『擬人化でまなぼ! ネットワークのしくみ』では、そうしたプロトコルたちに人格を与え、彼女たちのやりとりを通じて、どのキャラ(=プロトコル)がどのような性格で、どのような役割を持っていて、どういった関わり合いをするのかといった、ネットワークの基礎知識について直感的にわかるように描かれているとのこと。

著者は、オタク文化にも造詣が深い岡嶋裕史。キャラクターデザインは、商業漫画誌でも活躍中の108号が担当しています。

また、刊行を記念し、2月23日(火)にはトークショーイベント「著者・プロデューサー・編集者が『IT擬人化計画始動』を振り返る!」が書泉ブックタワーにて開催。参加費は無料で、現在Peatixにてチケット申し込みを受付中です。

さらに、一部書店では購入者特典として、108号イラストによるトレーディングカードもプレゼントされます。Amazon.co.jpでは、Amazon限定の「HTTP」を加えた計2枚が付いてくるとのこと。なくなり次第終了となるそうなので、お早めにゲットされることをオススメします。