2月29日から始まるリオデジャネイロオリンピックアジア最終予選に向けて、なでしこジャパンが沖縄で2次キャンプを行なった。1月の石垣島キャンプでは大儀見優季(フランクフルト)や宇津木瑠美(モンペリエ)ら主力のヨーロッパ組も招集したが、今回は国内組25名の招集となった。

 このキャンプ中、主力組で存在感を示したのが、石垣島キャンプから調子を上げてきている中島依美(INAC神戸)だ。2011年に初招集されてから、出たり入ったりと定位置を掴み切れずにきた中島も現在25歳。もう若手ではなく、中堅世代になった。

 キックの精度、シュート力など技術の高さはユース世代から群を抜いていたが、今最も彼女の特長となるのはエッジの効いたコース取りにあるように思う。ボールを持っていても、いなくても中島の動き出すコースには鋭さがある。その起点になっているのが絶妙なタイミングの外し方だ。実際、足が速い方ではない彼女の攻撃にスピード感があるのは、相手を絶妙なタイミングで外し、最短かつ最適なルートで的確な場所にボール、自分自身を運ぶことができるからだ。

 しかし、これまで緻密な計算の上に成り立ってきた、なでしこジャパンのコンビネーションやカバーリング、複数の選択肢の中での素早い判断......なでしこジャパンのサッカーに翻弄され、中島の持ち味はなかなか開花しなかった。いや、ムラがあったと言った方がいい。それが昨年あたりからその確率が上がりはじめ、1月の石垣島キャンプからは主力レベルにまで引き上げられた。

 なでしこジャパンの生命線であるサイド攻撃だけでなく、自ら切り込み、ときにはフィニッシュ、FWをうまく使いながら決定機に関わり続ける。そこに強い意志を感じるが、決して余裕が出てきた訳ではないと彼女は言う。

「このメンバーでやれるのは今しかないと思うし、もっとやりたいって思うんです」

 ようやく周りの動きや意図が見えてきた。ここまでくれば、自分の選択に明確な意図を込められる。そうなれば、周りの選手がその意図を選択肢に組み入れてくれる。選手が新戦力の段階ではどうしても自分で受けて終わってしまうため、新戦力の選手ゾーンを介すと選択肢が狭まってしまう。ここで大いに戸惑い、中にはここを越えられず消えていく選手も多い。中島は5年越しでようやくその域から抜け出した。

「2列目からの飛び出しはDFもマークにつきにくいからイヤだと思うので、そこは狙っていきたいと思っています。宮間(あや)さんや、阪口(夢穂)さんからのいいボールで自分を使ってもらうだけじゃなく、自分のパスで周りを生かせるようになりたいです!」

 キャンプ終了後の発表で最終候補に残った中島は2日の休養を挟んで、22日から始まる大阪での最終合宿に臨む。ここで大儀見、岩渕真奈(バイエルン)らヨーロッパ組が合流し、最終メンバー23名(うち3名はGK)に絞られることになる。最終メンバーに残ることはもちろん、なでしこの感覚を掴み始めた今、主力としてピッチに立つことができるか、中島にとってもこの最終予選は正念場になりそうだ。

 最終選考の場であると同時に、中1日での戦いが続く予選を、勝ち抜くチーム作りをしなければならなかった沖縄での1週間。

「第1戦の結果はどうであれ、次にメンバーを代えても戦える準備はしていきたい」という佐々木則夫監督。比較的ターンオーバーしやすいベトナムとは唯一の中2日を取れる第4戦目にあたる。したがって、初戦のオーストラリアから、韓国、中国と続く3連戦が最大の試練となる。大会序盤で勝負を決めるためには、2チーム編成も十分に考えられる。

 昨年のカナダワールドカップでは選手を競わせ、あえてスタメンを固定しなかった佐々木監督だが、この合宿ではトップのペアやサイドバックなど、最小限の入れ替えはあったものの、ほぼ変更することなく、2チーム編成でトレーニングを敢行した。軽めのメニューとなった初日と最終日を除く5日間は紅白戦もしくは、地元の男子高校生、男子大学生とトレーニングマッチを組むなど実戦がメイン。トレーニング直前に映像を使ったミーティングを行なうなど、チームの共通意識を高める取り組みが随所に織り込まれていた。

 特に5日目は大学生を相手に、前線からの細かいプレスのかけ方に始まり、カウンターを仕掛けられたとき、サイド攻撃のケア、相手のパワープレーを防ぐ5バックなど、様々なシチュエーションを想定した守備的なメニューを主力組、サブ組それぞれ5本、計10本こなした後、さらに紅白戦というハードな内容だったが、ここでそれぞれのチームの戦い方の方向性が固まった。

 選手に見合った"距離感"というものが馴染むには、それ相応の時間を要する。トップと中盤、サイドハーフとボランチ、ボランチとセンターバック、サイドバックとハーフなどなど、なでしこジャパンには馴染ませなければ、彼女たちらしいサッカーが表現できないペアリングが多くある。

 この2次キャンプでは、ある程度メンバーを固定したことと、多くの実戦と、明確な意図を持ったメニュー構成で、2チームそれぞれの特長が現れた。あくまでも基礎作りではあるが、確かな方向性を感じられた。正味5日間という限られた時間ではあったが、結果としてこの沖縄キャンプを経験するのとしないのとでは後々大きな差が出てくるかもしれない。指揮官も現状のチームの成長度を悪くないとしながらも、今一度気持ちを締め直した。

「油断はしていないつもりですし、しっかりと準備はしていきたい。5戦連戦の中では何が起こるかわからない。甘くないですよ」(佐々木監督)

 規律の取れた国内組だからこそできた戦術もある。そこに海外組が入ることでどんな化学変化が起きるのか。大会直前の大阪合宿の約1週間にすべてがかかっている。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko