日本を訪れた中国人旅行客が驚く日本の光景の1つに、日中では「街を走る自動車」が違うという点が挙げられる。中国は世界最大の自動車市場であり、世界各国の自動車メーカーがしのぎを削る市場であるため、街を走る自動車のメーカーはドイツ系から米国、日本、フランス、韓国、そして中国メーカーまで、非常に多種多様だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れた中国人旅行客が驚く日本の光景の1つに、日中では「街を走る自動車」が違うという点が挙げられる。中国は世界最大の自動車市場であり、世界各国の自動車メーカーがしのぎを削る市場であるため、街を走る自動車のメーカーはドイツ系から米国、日本、フランス、韓国、そして中国メーカーまで、非常に多種多様だ。

 一方、日本では街中を走る車の大半が日本車と言っても過言ではないだろう。日中ではメーカーの違いだけでなく、人気のある車種や運転する人の交通マナーまで、自動車をめぐる違いは非常に多い。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本を訪れた中国人旅行客による手記として、中国人から見た日本の自動車市場の特色を紹介する記事を掲載。日本人からすればごく当然のことでも、中国人から見れば「非常に特色豊か」であることが分かる記事となっている。

 記事は、まず中国との違いについて、「日本は小型車が非常に多かった」と紹介。中国では日本の軽自動車のような小型車はあまり売れ行きが良いとは言えず、近年はSUVやミニバンのような大きな乗用車が好まれる傾向にある。そのため、中国人からすれば、日本の街中は小さな車ばかりというように映るようだが、これについては「日本人は実用性を求めているため、日常生活のニーズを満たせる小型車が売れるのだろう」と論じた。

 さらに、日中の自動車事情をめぐって、もっとも驚いたのは「交通マナー」や「運転マナー」だったようで、「日本人は他人に迷惑をかけることを嫌うが、これは日常の運転においても体現されていた」と紹介。中国人が乗車していたバスが高速道路を走行中のこと、合流地点でバスが別の車を前に入れてあげた際、前に入った車がハザードを点灯させて謝意を示していたことを紹介し、「これは法律によって決められていることではなく、相互に譲りあう精神をもとに感謝を示した暗黙のルールである」と伝え、日本の交通マナーを称賛した。

 また、街中ではクラクションが鳴り響く中国とは異なり、日本では1週間の滞在期間中にクラクションを耳にしたのはわずか1度だけだったと紹介。みなが交通ルールを守って運転するため、クラクションを鳴らす必要がないと指摘したうえで、「日本人のあいだでは“辛抱強く待つ”習慣が醸成されていた」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)