J・J・レディック(ロサンゼルス・クリッパーズ/SG)は、見る人によって、そしていつから見ていたかによって、イメージが大きく異なる選手だ。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 NBAに入ってからのレディックしか知らない人にとっては、シュート能力に長けた「優等生の脇役選手」。さかのぼって、デューク大のエースだったころのレディックを覚えている人は、『ブルーデビル』の愛称さながらに悪魔的で傲慢さすら感じさせる「憎たらしい嫌われ者」。

 実のところ、レディック自身も大学時代、特に最初の2年間の自分を振り返って、「あのころの自分は、ヤジられても当然だった」と認めている。

 デューク大といえば、アメリカの大学界では長い間、強豪として君臨してきたチームだ。1992年、レディックが7歳のとき、NCAAトーナメントのデューク大対ケンタッキー大をテレビで見て、デューク大エースのクリスチャン・レイトナーが逆転シュートを沈めた場面に感動し、「僕は将来デュークに入る」と家族に宣言したという。そして、実際にデュークから勧誘され、夢の大学に進んだ。

 レディックのように、強いデュークを見て憧れる選手がいる一方で、あまりの強さに全米のファンからは反感を買うことも多い。敵地では常に、盛大なブーイングとヤジで迎えられる。バージニア州の田舎町・ローノケからそんな世界に入ったレディックにとって、その嫌われっぷりに最初は衝撃を受けたという。大学生のやることは、時に過剰になる。家の留守電電話に知らない人から、1日に何本も罵(ののし)りのメッセージが入っていることもあった。

 だからこそ、レディックは自分を守るために、ヤジに動じない傲慢な人格を装い、作り上げたのだという。

「あのころの自分は、相手の観衆のヤジや戯(たわむ)れに対抗するために、別の人格を作り出していた。思えば、あれは本来の自分ではなかった。最初の2年間は特にそうだった。実際、もっと敵対心をぶつけられても仕方ないぐらいだったと思う」

 子供のころから負けず嫌いで、人一倍やる気が強かったレディックは母親からよく、「あなたは狭い鶏小屋で食べ残しを与えられている鶏ではない。あなたは鷲なのよ。鷲になりなさい」と言われて育ったという。一見、教育ママの言葉のように思えるが、実際これは聖書のなかにある言葉、「しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない」(イザヤ書40:31) にもとづいたアドバイスだった。神を信じ、正しいことをやり続けていれば、神からの力を授かって鷲のように羽ばたき、高い壁も乗り越えることができる――という意味だ。

「子どものころは、『わかった、わかった』と言っていたけれど、人生を通してこの言葉に何度も救われてきた」とレディックは言う。

 大学2年のとき、NCAAトーナメントでファイナル4まで進みながら2点差でコネチカット大に敗れたことをきっかけに、レディックは自分のあり方を見つめ直したという。バスケットボールに対してより真剣に取り組むようになり、食事を含めた生活習慣を変え、体重を減らし、精神的にも成熟した。4年の時には平均26.8得点、フィールドゴール成功率47%、3ポイントシュート成功率42.1%の活躍で、全米の大学ナンバーワン選手に与えられる「ネイスミス賞」も受賞。まさしく、鷲として羽ばたいたのだった。

 ただ、大学でそれだけ実績を挙げても、NBAでの活躍が保証されているわけではない。実際、大学のころにレディックは、「自分は海外リーグでプレーすることになる」と思い、イタリア語を学んでいたという。2006年のドラフト1巡目・全体11位でオーランド・マジックから指名されたが、NBAの世界に入った後も、決してすべてがバラ色ではなかった。

 最初のうちはあまり出番もなく、大学時代の嫌われ者は、嫌われるほど目立つ活躍をする場面すらなかった。そしてNBA7シーズン目、少しずつ出番が増えてきたところでミルウォーキー・バックスへトレード。ジャーニーマン街道まっしぐら、にも思えた。

 しかしその数ヶ月後、レディックはプロとしての自分の居場所を見つけた。サイン&トレードでロサンゼルス・クリッパーズに移籍し、ドック・リバース・ヘッドコーチからスターターに抜擢されたのだ。レディックが以前から映像で見て研究していたお手本のひとり、レイ・アレン(SG)をコーチしたことがあるリバースのもと、スクリーンを使って常に動き回りながらシュートを放つスタイルを開花させた。

「試合のフィルムを見ていると、J・J(・レディック)は何の理由もなく、円を描くように走り回っていることがある。(チームとしてやろうとしている)プレーとはまったく関係ないのに走り回っていて、ディフェンスも一緒に彼に付いて回っているんだ」と、リバースは笑う。

 相手チームからすると、守りにくいだけでなく、マークに付いた選手も大量に消耗する相手だ。クリス・ポール(PG)、ブレイク・グリフィン(PF)、デアンドレ・ジョーダン(C)の「ビッグ3」で形成されるクリッパーズにおいて、レディックは4番手として存在感を示すようになった。

 もちろん、それだけコートで動き回るためには、レディック自身もコンディショニングを保つ必要がある。日ごろの食生活に気を使うだけでなく、試合の日には朝から分刻みで身体を整えて備えるという。

 実は子供のころから、椎間板変性症だというレディック。NBAのドラフト前の健康診断でも、MRI検査でそう診断された。

「スティーブ・ナッシュと同じような状態だ。彼も現役最後の何年かは、3回も椎間板ヘルニアをやっている。(椎間板変性症は)どれだけ上手にメインテナンスをするかにかかっている」とレディックは言う。クリッパーズに加入して最初のシーズン(2013−2014シーズン)は、腰痛のために半分以上も試合を欠場することがあった。そのため、夏のオフ期間中の趣味だったゴルフも、昨年の夏は腰に違和感があったことで、「現役引退するまでゴルフはやめる」と宣言した。

「J・Jがどれだけ真剣かということを表す話だと思う」と、リバースは言う。

 バスケットボールのために生活を変え、大好きな趣味もあきらめ......と聞くと、レディックはまるで競技一筋のように思える。しかし一方で、実生活では一児の父のファミリーマンだ。今年はふたり目の子どもが生まれる予定だという。

 また、今年2月からはヤフーの新サイトで週1回、自身のポッドキャスト番組の司会を務めることにもなった。現役NBA選手が自身のポッドキャスト番組を持つのは初めてのこと。ざっくばらんでオープンな語り口で、これまでのイメージとはまた違うレディックを垣間見せている。

 田舎町の高校のスーパースターから、強豪大学の憎まれエース。そして、世界最高の舞台での良質なロールプレイヤーから、チームのプレーオフ進出を支える名脇役へ......。31歳となったレディックは年を経るごとに進化し、カメレオンのようにまわりに適応していく。残りの現役キャリアだけでなく、数年後に訪れる引退後のキャリアにも注目だ。

宮地陽子●取材・文 text by Miyaji Yoko