左から、GP215B、GP216B、GP216W

写真拡大

セイコークロックは、衛星電波を受信して時刻修正する「セイコー スペースリンクシリーズ」から、掛時計「GP215B」、「GP216B」、「GP216W」の3機種を2016年2月26日に全国で発売する。

GP215Bは、木枠タイプで、やわらかな質感のラバーウッドを使用し、インテリアに温かみを添える。また、小ぶりながら視認性が高く、さまざまな部屋に合わせやすいデザインとなっている。

GP216BとGP216W は、スタイリッシュでモダンな空間に映える仕立てになっている。また、ガラスに数字を置くことで、軽やかな印象に仕上がっている。茶色と白色の2色を用意。それぞれ見やすさにこだわった針や数字を採用している。

いずれも、GPS衛星から発信される電波の受信可能な距離が平均約15m(電波の進入口となる建物開口部から計測)と、従来の電波時計と比べて約5倍に拡大。これまでは受信しにくかった鉄筋コンクリート造りの建物(マンション等)でも使いやすくなっている。また、時刻情報の受信に4分以上を要していた従来の電波時計より、時間修正にかかる時間を大幅に短縮。最短で10秒で時刻情報を受信する。

希望小売価格(税抜)は、GP215Bが2万5000円、GP216BとGP216W は2万円。