21日、中国の女性歌手クリスティ・チャンが所属事務所のトラブルなどによる長い低迷期を乗り越え、再び注目されている。写真はクリスティ・チャン(右)。

写真拡大

2016年2月21日、中国の女性歌手クリスティ・チャン(張含韵)が所属事務所のトラブルなどによる長い低迷期を乗り越え、再び注目されている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

26歳のクリスティ・チャンは、数多くの人気スターを輩出した歌手オーディション番組「超級女声」の出身。番組で上位入賞後、05年にメジャーデビューし、ファーストアルバムは80万枚を売り上げるヒット作となった。また、石原さとみによく似たキュートな顔立ちも人気で、清純派アイドルとしてブレークした。

しかし所属事務所の経営問題などのゴタゴタが発生し、07年以降は姿を消すことに。約5年間の低迷というつらい時期が続いたが、昨年バラエティー番組「偶像来了」で再び注目の存在になり、放送中の時代劇ドラマ「新蕭十一郎」でも好演、再ブレーク期を迎えている。

クリスティ・チャンの低迷期に手を差し伸べたのが、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)だった。過去に番組で共演した時に彼女を気に入り、芸能界で唯一の「義理の娘」と認めている。アンディ・ラウのすすめで、演技力を磨くため4年前に映画専門の大学へ進学。その後、アンディ・ラウはプロデュース映画「初恋未満(13年)」のヒロインにクリスティ・チャンを起用している。(翻訳・編集/Mathilda)