メディアを使った“口撃”に激怒のスパレッティ、トッティに帰宅を命ずる

写真拡大

▽ローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、試合前に帰宅を命じられたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽長らくローマの絶対的エースとして公式戦721試合に出場してきたトッティだが、今シーズンは故障の影響もあり、リーグ戦5試合の出場。今年1月に途中就任したルチアーノ・スパレッティ監督の下では、2試合の出場にとどまっている。

▽現状に不満を示すトッティは、イタリア『Rai』のインタビューで「この状況が続くのであれば、ローマに残るのは難しい」とコメントしていた。

▽この行動に激怒したのがスパレッティ監督だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、21日に行われたセリエA第26節のパレルモ戦に向けて、選手たちは午前中に集合。しかし、ここでスパレッティ監督は、メディアを使って口撃に出たトッティに帰宅を命じたようだ。

▽今シーズン限りでローマとの契約が満了するローマの“バンディエラ”。中国や中東、アメリカ、そして日本からもオファーがあると伝えられているが、果たして去就はどうなるのだろうか―――。