東海PA下り線では、約120gも牛ハラミが使われた絶品定食「男のビーフ飯」(980円)が販売されている

写真拡大

常磐自動車道・東海パーキングエリア(PA)下り線のスナックコーナーは、たくさんの食事メニューが用意され、コーヒーマシンも設置されている、ほっとひと息つける空間だ。

【写真を見る】茨城のおみやげを各種取り揃えている東海PA下り線

そんな同コーナーに、少し変わった名前のイチオシ定食がある。その名も「男のビーフ飯」(980円)。いかにもスタミナがつきそうなこのメニューだが、風味豊かなバター醤油とペッパーで濃い目に味付けをされた120gの牛ハラミを、九条ネギと一緒に250gのごはんの上にオン。さらに鉄板にのった熱々の野菜炒めと中華スープがセットになっている。しかもごはんは大盛りもできるというから、名前に違わず男らしいボリュームの一品といえる。

しかもこの商品、注目ポイントは量だけではない。牛ハラミは栃木県産のものを、九条ネギは厳選した産地から直送されたものを使い、食材にもこだわっている。

スナックコーナーの営業時間は7時から19時。東海PA下り線を訪れたら、ぜひこの逸品の味とボリュームを、自分の舌で確かめてみて欲しい。【東京ウォーカー】