北朝鮮の「洗脳」を解くために、USBメモリーを寄付するプロジェクト

写真拡大

外の世界へのアクセスを完全に遮断された北朝鮮人。そして、遠く離れたこの独裁国家の問題を、自分とは無関係なものとしてとらえがちな米国人。このふたつの国の国民をUSBメモリーでつなぎ、北朝鮮の民主化につなげようとする運動が、いま始まっている。

「北朝鮮の「洗脳」を解くために、USBメモリーを寄付するプロジェクト」の写真・リンク付きの記事はこちら

DropboxとGoogle Driveが栄えるいま、USBメモリーは、iPhone4のケーブルとともに引き出しのガラクタになりつつある。

しかしそうした安価なフラッシュメモリーも、北朝鮮に送れば、強力で、破壊的ですらある物体となる。活動家たちの新しいプロジェクトで、このメモリーは、ファシスト政府の支配を崩すために使われるのだ。

2月、ニューヨークに拠点を置くHuman Rights Foundation(HRF)と、シリコンヴァレーの非営利団体Forum 280が、アメリカからUSBフラッシュメモリーの寄付を募り、それを北朝鮮からの亡命者グループに送る「Flash Drives for Freedom」という戦略を立ち上げた。

そのグループは、ソウルに拠点を置く非営利組織「North Korean Strategy Center(NKSC)」とともに、送られてきたUSBメモリーに欧米や韓国の映画・テレビ番組を詰め込み、国境を越えて北朝鮮にこっそり持ち込む。密輸されたコンテンツは、金正恩による外国メディアの全面禁止を打ち破るのだ。

幻想で固められた国に、新たな視点を与える

これらのテレビ番組や映画がもたらす外の世界の一端は、金政権が民衆をコントロールするためのイデオロギーや幻想を消し去るためにある。外の世界は貧しく、危険で、敵意に満ち、北朝鮮に劣るというというイデオロギーや幻想をだ。

「USBメモリーを、パロアルトに送るだけで参加できるんです。わたしたちが、それを北朝鮮に送る手伝いをしますので」とHRFの最高戦略責任者、アレックス・グラドステインは言う。「USBメモリーは、北朝鮮で使われている実用的なテクノロジーです。北朝鮮の人々が、情報を届ける手段はこれだと決めたものなのです」

アメリカ人のUSBメモリーに対するイメージが、「廃れかけのテクノロジー」であるにもかかわらず、USBメモリーには北朝鮮のインターネット禁止を突き破り、アメリカや南の隣国、そして貧困に窮する自国に対する、それまでとは激しく異なる視点を、北朝鮮の国民に与える力がまだあるのだと、グラドステインは言う。「1つひとつに、文字通り誰かの人生を変える潜在能力があるのです」と彼は言う。

北朝鮮では、パソコンはいまも珍しい存在で、インターネットには数人のエリートを除いて誰もアクセスできない。しかし、「notel」として知られる中国製のUSB対応ヴィデオプレイヤー(関連記事)、それにスマートフォンでさえ、だんだん日常的なものとなっている。それらの機器を念頭に、NKSC、North Korean Intellectual Solidarity、Fighters for a Free North Koreaといったグループが、USBメモリーやSDカードといったかたちで、データを密輸入する活動に参加した。

『WIRED』が昨年(日本版ではVOL.17にて翻訳記事を掲載)の特集で詳述したように、彼らの戦略は、韓国から密輸品を風船につけて飛ばすものや、USBメモリーを中国との北境を超えるトラックの貨物部分に隠すというものなどさまざまだ(風船を使った計画についての詳細はこちらの関連記事でも)。

NKSCの正攻法は、北朝鮮の北境である豆満江と鴨緑江で、大胆にも夜間に直接会い、パッケージを手わたすというもの。彼らは、両国境の役人に賄賂を贈ることによって、密輸人らを守っている。こうした戦略によって、現在、NKSCだけで毎年3千〜5千のUSBメモリーを北朝鮮に持ち込んでおり、今後3年かけて、毎月2千個のペースに増やす予定だ。

USBメモリーが、北朝鮮の問題を具象化する

USB密輸作戦の手配者のひとり、シャーロン・ストラットンは、NKSCがデータの密輸を増やそうとしているいま、USBメモリーの寄付は助けになるだろうと話す。しかし彼女は、USBメモリー自体にかかる費用は、ミッションの予算のほんの一部に過ぎないことも認めている。

USBメモリーを北朝鮮に密輸入して国内のコネクションにわたすごとに、旅費、賄賂、そして北朝鮮人の心を開かせるのにもっとも効果的な映画などを選ぶための、亡命者たちからなるフォーカスグループにさえも費用がかかる(このグループは、アメリカの「フレンズ」や「デスパレートな妻たち」といったテレビ番組が、北朝鮮人のお気に入りであることを発見した)。

しかしストラットンは、寄付されたUSBメモリーの価値は、ハードウェアそのものの価値を超えるものなのだと言う。

USBメモリーはアメリカ人に、地球を半周した先にいる、知的に抑圧された人々の苦境を考えさせる巧妙なマーケティングの仕組みでもある。そして彼女は、これが北朝鮮の問題への認知を高め、彼女たちの目標に対するより多くの寄付金につながればと考えている。

実際に、このグループは2月後半にIndiegogoでのクラウドファンディングのキャンペーンを計画している。「USBメモリーを送り続けるのにはコストがかかるので、現物を寄付していただけるのは大変助かります」とストラットンは言う。「しかしそれだけではなく、このクラウドファンディングによって、テックコミュニティーの間でわたしたちの活動の認知が広まり、その結果として、この情報拡散プログラムを後援してくれる人々とより長期的なパートナーシップを構築できれば、ということも願っています」

自分が寄付したUSBメモリーが、北朝鮮の人の手にわたるところを想像したとき、自分とは無関係で手に負えない人権問題のように考えていたものへの、アメリカ人の見方が変わるのだと彼女は言う。

「北朝鮮の人々が情報に接することがなぜ重要なのかを、人々に理解してもらうのは難しいことでした。でも、USBメモリーがそれを具象化してくれます。それは文字通り、北朝鮮人にとって新世界への扉を開ける鍵なのです」と彼女は言う。「わたしたちにとっては、支援者の手をとって、『あなたのUSBメモリーを使ってわたしたちがやろうとしているのは、こういうことです。そしてこういう理由でこれは重要です』と伝えるチャンスなのです」

ストラットンは、USBメモリーをアメリカ人から調達することによって、北朝鮮の人々の心をとらえることもできると付け加えた。北朝鮮でUSBを受け取った人が、アメリカの誰かがそのUSBを寄付したと知れば、金政権による「アメリカ人は殺人的資本主義帝国主義者だ」という描写に反駁できる。

「『わたしの知らない外の世界の人が、このUSBメモリーを送っている』と彼らが知ることが重要なのです」とストラットは言う。「実はアメリカ人は、悪い敵でもないのかもしれない」ということを伝える助けとなる、というわけだ。

キューバの民主化とUSB

アメリカ人からUSBメモリーの寄付を募ることを思いついたのは、HRFやForum280だけではない。スタンフォードの韓国学生会も来月、似たような収集プロジェクトを予定している。

またグラドステインは、HRFのUSBメモリー寄付に対する熱意は、NKSCや北朝鮮さえも超えるものだと示唆している。彼が挙げたのは、キューバの名だ。そこでは、報道から締め出された反体制派たちが、政治資料をのにメモリースティックを使っており、ブロガーのヨアニ・サンチェスは、サムドライヴで配布される野党新聞を立ち上げた。

2014年に開催されたオスロ・フリーダム・フォーラムでの、ヨアニ・サンチェスのスピーチ(英語字幕に設定可能)。

2014年、HRFのオスロ・フリーダム・フォーラムでのスピーチで、サンチェスはUSBメモリーを、キューバの「ちょっとしたテクノロジー革命」と呼んだ。「キューバに民主的な変化が起きた日、われわれは、反体制派や、政府に反対した人々のモニュメントだけでなく、USBメモリーのモニュメントも建てなければならないでしょう」と彼女はオスロの聴衆に言った。

しかし、いまのところHRFは、ハバナさえもシリコンヴァレーのように見せてしまうデジタル抑圧を行なっている独裁政権に対するキャンペーンに的を絞っている。

「北朝鮮は、頑強で、突き破ることのできない、知られざるブラックホールのように感じられます」とNKSCのストラットンは話す。そして、HRFが行っているようなプロジェクトは、そういう心情を変えうると彼女は言う。

「あなたの小さな古いUSBメモリーが、北朝鮮の人の手にわたります。それを受け取る人とあなたが会うことはおそらくないでしょう。しかし、誰かがそれを受け取って、より幸せになるであろうことは確かです」

TAG

Long StoryNorth KoreaPoliticsWIRED US