重力波を最初に「目撃」したイタリア人

写真拡大

重力波のデータを最初に目にしたのは、マルコ・ドラーゴというイタリア人だ。彼は、世紀の発見の最初の証人となった体験を語っている。

「重力波を最初に「目撃」したイタリア人」の写真・リンク付きの記事はこちら

2月11日、歴史的な発表が届けられた。1世紀前、アルバート・アインシュタインが予言した「重力波」が、ついに観測されたのだ。

LIGOの名で発表されたこの画期的な発見は、イタリア・トスカーナ州のカッシーナで行われている実験プロジェクト、VIRGOの科学者たちも参加している共同研究による成果のひとつといえる。しかし、実際のところ、このシグナルに触れた最初の人物は誰だったのだろうか? つまり、最初に重力波を「目撃」したのはいったい誰なのか?

世紀の発見の物語は、マルコ・ドラーゴの物語でもある。2月12日『Science』誌に語っている通り、彼こそが、アインシュタインの予言した重力波を「目撃した」最初の人間となったイタリア人だ。

その瞬間、ドラーゴは(LIGOの基地がある)ルイジアナ州にも、ワシントン州にもいなかった。彼はそのとき、データ分析が行われているドイツ・ハノーファーの、マックス・プランク重力物理研究所にいた。

2015年9月14日、彼は、一通の「警告メール」を受信した。LIGOに設置された両方の検出装置が、11時50分45秒に、著しいS/N比(信号対雑音比)をもつ大きな出来事を記録したのだ。

「わたしは、これは『インジェクション』(注入)だと考えました」。注入される信号とは、機器と分析能力をテストするために使われる信号のことで、2つの可能性がある。まず、すべてのメンバーに周知され、機器を同調させる間に発せられるオープンなものと、秘密裏に発せられ、ごく限られた科学者のグループしか知らないものだ。

後者の信号、ブラインドインジェクションは、研究者たちに警戒態勢を取らせるために、装置と分析能力をテストするための偽物だ。そしてそれが抜き打ちテストだったことは、すべての分析が終わり、結果を発表する準備ができたあとでようやく、明らかにされる。

しかし今回、ドラーゴは、LIGOのアップデートののち、まだインジェクションシステムが稼働していないと考えた。このことを確かめるために、警告メールを受け取ったすぐあとで、ドラーゴは共同研究を行っている科学者たちに一通のメールを送り、記録された信号について注意を促し、まさに、誰かインジェクションのケースについて知っていないかを尋ねた。数日後、共同研究のリーダーたちは、インジェクションの仮説を却下した。

その後の日々、分析は、欺かれている可能性を完全に排除して、背後の雑音を測定し、信号の統計的有意を評価するために行われた。

関連記事13億年前の「ブラックホールの合体」で生じた重力波、検出される(動画あり、この結果がもたらすインパクトについて紹介。)

TAG

GravityScienceSpaceWIRED IT