画像

写真拡大 (全2枚)

 Facebookは、ニュースフィード上で素早い記事読み込みを可能にするインスタント記事を、全ての媒体社へ4月より提供開始することを発表した。これにより、ユーザーはネット環境が優れない地域でも快適に記事を閲覧することができる。

 Facebookは2月17日(米国時間)、インスタント記事が提供できる機能を全ての媒体社へ4月より提供開始することを発表した。

 同機能は、Facebookアプリ内のニュースフィード上でインタラクティブな記事を素早く表示することができ、通常の記事よりも10倍以上速く読み込まれる。そのため、Facebookのユーザーはモバイルインターネット環境が優れない地域でも快適に記事を閲覧することができる。

 また媒体社は、記事のデザインやデータ、広告全て管理することができ、広告による収益も全て媒体社に入る。Facebookのアドネットワーク「オーディエンスネットワーク」を通じたマネタイズも可能だ。

 これまでに同機能は2015年5月に米国でサービス提供開始され、同年10月に全世界のiPhone版Facebookアプリの利用者が使えるようになった。日本国内でも、1月に日本経済新聞社や朝日新聞社など国内の媒体社6社によるテストが進められている。

MarkeZine編集部[著]