オフショアで蠢く幽霊マネーの正体【“猫組長”が緊急寄稿】
投資の世界では時として不自然な暴騰・暴落が巻き起こる。引き金の多くは投機マネーだ。これまで触れられることがなかった実態を、国際金融に精通する猫組長が活写する。

 世界経済がグローバル化している現在、市場の動向を予測、解説するのは非常に難しい。巨額に膨らんだ投機マネーとオフショア取引の実態を把握せずに金融取引を行うのは、目隠しをして車の運転をするくらい無謀なことだ。

 ところが、書店に並ぶオフショア取引とタックスヘイブンの解説書には実体験に基づいたリアルなものがない。おそらく、国際金融に職業として携わった経験から書いているのだろうが、それは実務上得た知識であり視線が違うのだ。

 タックスヘイブンには巨額な資本が流入し、世界の富が蓄積され膨張し続けている。そこはテロリストから詐欺師まで、ありとあらゆる魑魅魍魎が群れ集う無限のブラックホールである。

 私は20年以上、反社会的勢力としてオフショアでの金融取引に直接携わってきた。その経験の中からタックスヘイブンについて語れる出来事を1つ紹介したい。

◆オフショアで蠢く幽霊マネーの正体

「3億ドルの(※1)BGがあるんですが、使えるスキームありますか?」

 東北大震災の混乱もようやく落ち着いてきた2011年10月、東京の金融会社社長から連絡があった。現在のレートで約360億円の銀行保証がついた証券を原資に一儲けできないかとの相談が舞い込んだのだ。

 現物を確認したところ、ロンドンのHSBCが発行したもので名義はHという日本人だった。持参したブラックライトを当てると一枚ずつHSBCのスタンプが浮かび上がり、間違いなく本物とわかった。

 今回、東京の金融会社に持ち込まれたBGは額面3億ドルであったが、BGを発行するには担保になる原資を銀行に差し入れる必要がある。ここで登場するのが、金保管証券の(※2)SKRである。

 通常、大量の金取引に現物は動かない。銀行のウエアハウスが保管した金地金がSKRという証券となり、それが譲渡されたり質入れされるだけなのである。このSKRを担保としてBGが発行され、額面の10%ほどを支払うことで1年間の期間リースを受けることも可能なのだ。つまり、借り手は原資を10倍まで増やすことができる。さらに言えば、ペーパーのやりとりで済むのをいいことに銀行は実際に保有する以上の金を臆面もなくリースに出し、金利を得ている。こうして大量に生産されたBGがタックスヘイブンというブラックホールに流れ込み、さらにレバレッジによって膨張して市場に投入されるのだ。

 3億ドルのBGの原資となっているSKRは4万8000圓龍睚欖評攘瑤覆里如△そらく同じ額面のものが10通(30億ドル)は組まれているだろう。

 世界の金融市場には実体のある現金だけでなく、このような証券から作り出された巨額な資本が幽霊のごとく蠢いている。タックスヘイブンはそれらをことごとく飲み込み、あるものは巨大企業の隠し財産に、そしてあるものは投機資本に化けるのだ。

 TJN(Tax Justice Net Work)がIMF(国際通貨基金)の統計を基に試算したタックスヘイブンに隠された資金は、21兆〜32兆ドル。これは世界のGDPの3分の1に相当する。

 3億ドルのBGが本物であることがわかった私は、プライベートバンカーにケイマン諸島を本拠地とするファンド会社を紹介してもらった。BGの有効期限が残り10か月しかなかったので、短期間で原資を増やすべく(※3)バレットファンドで1週間運用の後、(※4)24週プログラムを組んでもらうことにした。

 ファンド会社との契約はメールと電話だけで完結できるのがオフショア取引の魅力の1つだ。BGの移動は(※5)SWIFT MT760というメッセージタイプの銀行間取引で、これもわざわざ銀行へ行く必要がない。