「ポケモン」に夢中だったあのころに戻れる!?

写真拡大

ポケモンは、シリーズ原点のRPG(ロール・プレイング・ゲーム)「ポケットモンスター 赤」「緑」「青」「ピカチュウ」を、ニンテンドー3DS向け「バーチャルコンソール(VC)」を通じ2016年2月27日に配信を始める。価格は各1111円(以下全て税別)。

シリーズ第1作発売から20年。当時の思い出をそのまま感じられるよう、モノクロのドット画面、4音で奏でられる音楽など、当時の雰囲気を再現。96年に同時発売された「赤」「緑」、グラフィックと説明文が一新された99年発売の「青」、ピカチュウの声がアニメ版のものになった98年発売の「ピカチュウ」をラインアップ。

当時は通信ケーブルを使用していたプレイヤー同士の通信交換や対戦を楽しめるよう、VC初だというワイヤレス通信に対応する。

また、各タイトルがプレインストールされるほか、幻のポケモン「ミュウ」を入手できる「交換チケット」、当時の付属品だった紙製のマップ「タウンマップ」などが同梱の「ニンテンドー2DS」(各9980円)。ゲームボーイ版を再現したパッケージに「カートリッジ型マグネット」、「タウンマップ」などを同梱した「専用ダウンロードカード特別版」(各1389円)なども発売。