アニマルセラピーは小児喘息にも有効(shutterstock.com)

写真拡大

 犬や家畜がいる家庭で育つと小児喘息に罹りにくい、しかも、1歳までに犬や家畜と接触すると6歳までに小児喘息に罹るリスクが低下する――。

 このような研究結果が、電子版『JAMA Pediatrics』誌の記事「Early Exposure to Dogs and Farm Animals and the Risk of Childhood Asthma」に掲載された。

 記事によれば、スウェーデンのウプサラ大学のトーヴェ・フォール教授らは、約100万人の小児を登録したコホート研究を実施。コホート研究とは、特定の地域や集団に属する人々を対象に、長期間にわたり病気と生活習慣や環境との関係を調査する研究だ。

 フォール教授らは、スウェーデンで2001年1月1日から2010年12月31日までに出生した小児101万1051人を対象に、家庭で犬と接触がある小児と、親が牧場経営者または牧場就労者で家畜と接触がある小児を抽出した。

 ロジスティック回帰モデルを用いて、学齢期コホート(27万6298人)に対しては、6歳時点で喘息と診断されたかどうかを、未就学期コホート(37万6638人)に対しては、1歳以降に喘息と診断されたかどうかをそれぞれ調べ、犬や家畜との接触状況と喘息罹患率との関連を分析した。

  ロジスティック回帰モデルとは、同じ病気を持つ集団を追跡しながら、病気を発症させる危険因子(リスクファクター)を調べ、病気の罹患率を解析する分析手法だ。

小児喘息の被患率は25年前に比べ4〜5倍に増加

 結果を見よう――。

 まず、学齢期コホートのうち1万1585人(4.2%)が6歳時点で喘息に罹ったが、1歳までに犬や家畜と接触した小児は、喘息罹患率が有意に低かった。また、学齢期コホートのうち犬と接触があった2万2629人(8.2%)も、接触しなかった小児より6歳時点での喘息罹患率が有意に低かった。

 一方、未就学期コホート37万6638人のうち犬と接触したのは5万3460人(14.2%)、家畜と接触したのは1729人(0.5%)だった。1歳までに喘息になった1万8799人(5.0%)を除外した35万7839人に対しの追跡調査したところ、2万8511人が喘息と診断されたが、喘息罹患率は1000人当たり3.1人に過ぎなかった。

 つまり、犬や家畜との接触は、小児の喘息罹患率を低減させることがこれらのデータで裏づけられた。なお、生後1年間に、犬と接触した未就学期コホートは、肺炎と下気道感染症の罹患リスクがやや高かった。だが、家畜と接触した未就学期コホートは、その罹患リスクは低かった。

 北欧諸国では、6〜12歳児の4〜9%が小児喘息だ。文部科学省の「2011年度学校保健統計調査」によれば、25年前(1986年)のデータと比較すると、小児喘息の被患率は、幼稚園児は0.7%から2.79%に、小学生は0.9%から4.34%に、中学生は0.7%から2.83%に、4〜5倍増加している。
アニマルセラピーによる「心のケア」は古代ギリシア時代から行われていた

 アニマルセラピーが有効なのは、小児喘息だけではない。

 アニマルセラピーは、国際的には動物介在療法(AAT /Animal Assisted Therapy)と呼ばれる。古代ギリシア時代には、負傷した戦士のリハビリテーションに乗馬療法が取り入れられた。18世紀のイギリスのヨーク収容所では、ウサギやニワトリを飼育して精神障害者を治療した。19世紀のドイツのてんかん治療施設では、ペットがてんかんの症状を軽減させた。精神分析学の創始者ジークムント・フロイトは、患者の傍にチャウチャウを座らせて診察し患者をリラックスさせた。20世紀に入ると、アニマルセラピーは、世界中で長足の普及を遂げる。臨床心理学者ボリス・レビンソンは、人とコミュニケーションできない場面緘黙(ばめんかんもく)の子どもを犬と遊ばせて症状を改善させた。

 1980年代のジュリア・ヴォルムブロックとジョン・グロスバーグの共同研究では、犬を撫でると被験者の血圧が低下することが確認された。ペンシルバニア大学のエリカ・フリードマンやアーロン・H・カッチャーの研究では、犬や水槽の魚の飼育は、心筋梗塞の患者の血圧や脈拍数を安定させ、動物を飼う患者の延命率は、飼わない患者の3倍も高かったと公表された。

 現在、アニマルセラピーは、米国のデルタ協会、National Capital Therapy Dogs,Incをはじめ、イギリスのスキャス(SCAS/コンパニオン・アニマル研究協会) 、フランスのアフィラック(AFIRAC) 、アイアハイオ (IAHAIO)などがグローバルな協力体制を築きつつ、最新の研究・教育の成果を世界に広めている。

アニマルセラピーは、なぜ効果があるのか?

 アニマルセラピーは、なぜ効果があるのか?

 第1は、生理的効果――。動物に触れると、幸せホルモンと呼ぶ脳内伝達物質のドーパミンが一気に分泌されるので、「動物と接していると楽しい!」という生理学的な変化が生まれる。同時に、末梢神経の拡張、血圧の低下、心拍数が優位になるため、落ち着く、癒される感覚を体感できることから、ストレスの軽減につながる。

 第2は、心理的効果――。たとえば、動物と接して楽しい経験をすると、「あの犬にまた会いたい!」という楽しい感情が再現されるので、抑うつ症状が改善されたり、免疫力が強化されることに役立つ。同時に「犬と散歩したいからリハビリを続けよう!」などと患者の回復へのモチベーションを高めやすい。

 第3は、社会的効果――。動物と接すれば、人と人との交流が円滑になる。たとえば、老人ホームで口を利かなかった高齢者が、アニマルセラピーがきっかけで他の入所者と話すようになって孤独感を和らげたり、震災後の仮設住宅なら、犬や猫が住民たちの会話の潤滑剤になったりする。犬を連れている人は、人から話しかけられやすい。赤ちゃんを連れている人よりもペットを連れている人の方が近づきやすい。障害を持つ子どもは、サービスドッグが付き添っているだけで、話しかけられる機会が多い。

 このように、アニマルセラピーは、生理的、身体的、心理的、社会的に絶大な効果が期待できる。特に誰もが実感しているように、犬に生来から備わった社交性、素直さ、親密さ、情緒の豊かさは、ヒューマン・ケナイン・ボンド(Human Canine Bond,/人と犬の絆)と呼ばれる。良質のセラピー効果を生むので、セラピードッグとしての存在感が大きい。

 2015年4月17日、麻布大学動物応用科学科の菊水健史氏らは「人と犬とが互いの目を見つめ合うと、愛情ホルモンのオキシトシンの分泌が促進される」とする研究論文を米国の科学誌『Science』発表した。人と犬がアイコンタクトしつつ、数百年にわたって信頼と親密さを深めながら歩んだ長い道のり物語っている。
(文=編集部)