野村敏京、楽しく笑顔でプレーしツアー初優勝!(Photo by Morne de Klerk/Getty Images)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇21日◇グランジェGC ウェストコース(6,600ヤード・パー72)>
 世界No.1のリディア・コ(ニュージーランド)を抑え、野村敏京がツアー初優勝を果たした。『ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン』最終日を首位で迎えた野村は初優勝のプレッシャーの中、8バーディ・1ボギーの“65”と堂々プレー、トータル16アンダーで2位のコに3打差をつけて逃げ切った。
野村敏京、ツアー初優勝!特選PHOTOは写真館で
 スタートで2連続バーディで飛び出したコに一時首位を譲った野村。しかし、5番、6番の連続バーディでコをつかまえると9番でも伸ばし単独首位に躍り出た。そして単独首位で迎えた後半では10番バーディ、のあと13番でも伸ばす。そして迎えた15番からは圧巻のプレーを見せつけた。15番では7mバーディパットを沈めると、16番、17番でも連続バーディを奪取。17アンダーに伸ばし最終18番を迎えた。その18番ではセカンドがバンカーにつかまり、この日唯一のボギーを叩いたが、最終的には3打差をつけて世界No.1のコを退け、初優勝を飾った。
 前日「去年よりリラックスして、楽しくプレーできている」と今季好調の要因を語っていた野村。この日も優勝争いの中、「(初優勝へのプレッシャーは)なかったです」といい、笑顔のプレーが続いた。「プレーする時には、私自身との戦いだと思っているからです。他の選手が上手くても、自分自身に勝ったことで、良いスコア、この結果がついてきただけです。ただただ自分のプレーに集中しただけです」。
 会見では「世界の米LPGAツアーで初優勝なので、こんなに早く優勝するとは思わなかったですけど、この優勝にはすごく大きな意味があると思います」と語った野村。大会前には世界ランキング67位で、オリンピック代表候補7番手だった。しかしこの優勝でランキングも上昇、オリンピック代表候補の順位も確実に上がる。また、去年出場できなかったアジア2連戦(来週のホンダLPGAタイランド、HSBC女子チャンピオンズ)にも出場できるようになった。この勢いで2戦でも活躍できれば、日本代表の本命となりそうだ。今後、野村の活躍にも注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>