台北メトロ、オフピーク割引運賃導入か  早ければ6月前に/台湾

写真拡大

(台北 21日 中央社)台北市政府交通局の鍾慧諭局長は18日、市内の交通渋滞の緩和に向けた対策案を発表した。台北メトロに対してはラッシュ時以外の時間帯にオフピーク割引運賃の導入を求める方針で、早ければ6月にも実現させたいとしている。

台北市内では北東部の内湖と中心部を結ぶ道路などで渋滞が慢性化している。市では公共交通機関の強化や道路橋の拡幅を通じて交通容量を増やしたい考えだ。

今年7月には快速バスの運行も開始する予定。内湖と信義地区の軌道交通についても建設に向けて検討を進めるとしている。

(黄麗芸/編集:齊藤啓介)