HP画像

写真拡大

東京・丸の内の三菱一号館美術館で2016年3月4日から、パリのモードブランドによるオートクチュールを展示する「PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服」を開催する。5月22日まで。

オートクチュールは、「高い」「高級」(Haute)と、「縫製」「仕立て」(Couture)から成る言葉。オートクチュールのデザイナー同業者組合であるパリ・クチュール組合の承認する数少ないブランドが、顧客の注文に合わせ、デザイナー主導で仕立てる高級服を意味する。

同展は、そのオートクチュールの始まりから現代に至る歴史を概観するもの。パリ・モードの殿堂と言われる、ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏監修のもと、2013年にパリ市庁舎で開催された展覧会を再構成した内容。シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、ジヴァンシィ、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルチエ、クリスチャン・ラクロワ、アライアらが生み出してきたシルエットや、脈々と受け継がれる世界最高峰の刺繍・羽根細工・コサージュなどの職人技を、ドレス、小物、デザイン画、写真など合わせて約130点で紹介する。

当日券は、一般1700円、高校・大学生1000円、小中学生500円。