20日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「スペイン警察、6人目の中国工商銀行幹部逮捕」を掲載した。犯罪組織の資金を中国に送金していたマネーロンダリング疑惑がもたれている。写真はスペイン・マドリード。

写真拡大

2016年2月20日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「スペイン警察、6人目の中国工商銀行幹部逮捕」を掲載した。

スペイン警察は18日、マネーロンダリング(資金洗浄)容疑で中国工商銀行(ICBC)マドリード支店を捜索し、幹部ら5人を逮捕した。犯罪組織が密輸や脱税で得た資金を中国に不正送金する手助けをしていた容疑がかけられている。欧州警察機構(ユーロポール)は、マネーロンダリングの規模は4000万ユーロ(約51億円)以上と分析している。19日にはさらに1人が逮捕され、逮捕者は計6人となった。

中国外交部の劉海星(リウ・ハイシン)部長補佐は19日に在中国スペイン大使館関係者と会見。公正に対処し、中国企業と中国人の合法的権益を守るよう申し入れた。(翻訳・編集/増田聡太郎)